ダイル・ザウル県、スワイダー県でシリア軍・親政権民兵とダーイシュが交戦(2018年6月13日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がブーカマール市郊外のT2(第2石油輸送ステーション)に近い砂漠地帯にあるシリア軍、同盟部隊の拠点を再び攻撃した。

なお、ドゥラル・シャーミーヤ(6月13日付)は、複数の地元筋の話として、この戦闘でイラク人民動員隊とイランのバースィージュの士官3人が死亡したと伝えた。

**

スワイダー県では、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(6月13日付)によると、ビイル・アウラ地区でシリア軍とダーイシュが交戦し、シリア軍兵士5人が死亡した。

AFP, June 13, 2018、ANHA, June 13, 2018、AP, June 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 13, 2018、al-Hayat, June 14, 2018、Reuters, June 13, 2018、SANA, June 13, 2018、UPI, June 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク