アレッポ県内のトルコ実質占領地域とロジャヴァ支配地域で爆発が発生し、住民が負傷(2018年6月13日)

アレッポ県では、ANHA(6月13日付)によると、トルコの実質占領下にあるバーブ市中心街の市場で、爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発し、住民11人が負傷した。

ANHA, Jnue 13, 2018

また、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配下のマンビジュ市でも、サブア・バフラート交差点に設置されたゴミ箱に仕掛けられた爆弾が爆発し、子供1人を含む住民2人が負傷した。

AFP, June 13, 2018、ANHA, June 13, 2018、AP, June 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 13, 2018、al-Hayat, June 14, 2018、Reuters, June 13, 2018、SANA, June 13, 2018、UPI, June 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク