シリア政府との和解に応じたスンナ青年旅団の前司令官が誘拐窃盗容疑で逮捕(2019年3月20日)

ハウラーン自由人連合が複数の住民の話としてフェイスブックのアカウントを通じて明らかにしたところによると、シリアの諜報機関がフラーク市でシリア政府と和解した反体制武装集団の一つスンナ青年旅団の前司令官で「皿で」(ビ・アッ=サフン)の異名で知られてきたアブドゥッサラーム・ミスリー氏が首都ダマスカスで諜報機関に拘束された。

ミスリー氏は、ダルアー県ダーイル町の自宅を出た際、政府との和解を証明する第5軍団発効のIDカードを携帯していたという。

ミスリー氏の拘束は、誘拐窃盗容疑によるもので、ダルアー県の複数の住民による訴訟を受けたものだという。

AFP, March 20, 2019、ANHA, March 20, 2019、AP, March 20, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 20, 2019、al-Hayat, March 21, 2019、Reuters, March 20, 2019、SANA, March 20, 2019、UPI, March 20, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク