ハマー中央刑務所受刑者がシリア軍への従軍を条件に釈放(2019年3月20日)

スプートニク・ニュース(3月20日付)は、ハマー中央刑務所に収監されていた受刑者46人が、大統領恩赦により釈放されたと伝えた。

これに関して、ハマー県警察のハーリド・ハラール所長は「釈放された受刑者は家族のもとに戻り、祖国防衛に参加する。なぜならシリアはみなの祖国で、その防衛は義務だからだ」と付言、釈放がシリア軍への従軍を条件としていることを明らかにした。

スプートニク・ニュース(3月20日付)が伝えた。

AFP, March 20, 2019、ANHA, March 20, 2019、AP, March 20, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 20, 2019、al-Hayat, March 21, 2019、Reuters, March 20, 2019、SANA, March 20, 2019、Sputnik News, March 19, 2019、UPI, March 20, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク