トルコ占領下のアレッポ県北部で活動するスルターン・ムラード師団の司令官が東グータ地方出身のメンバー2人を拷問する映像を公開(2019年3月21日)

トルコ占領下のアレッポ県北部で活動するスルターン・ムラード師団の司令官の一人アブー・アブドゥルアズィーズ・バカーリー氏はユーチューブ(3月20日付)を通じて、ダマスカス郊外県東グータ地方出身のメンバー2人を拷問する映像を公開した。

バカーリー氏はビデオのなかで、この2人がシリア政府の手先で、盗みをはたらいたと主張している。

AFP, March 21, 2019、ANHA, March 21, 2019、AP, March 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 21, 2019、al-Hayat, March 22, 2019、Reuters, March 21, 2019、SANA, March 21, 2019、UPI, March 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク