トランプ米大統領はゴラン高原をイスラエル領として認めるべきとツイート、ネタニヤフ首相は謝意を示す(2019年3月21日)

ドナルド・トランプ米大統領はツイッターのアカウントで、1967年にイスラエルが占領したシリア領ゴラン高原をイスラエル領として認めるべきだと綴った。

トランプ大統領のツイートは以下の通り:
52年を経て、米国がゴラン高原に対するイスラエルの主権を完全に承認する時が来た。これは戦略的にも安全保障上も、イスラエルと地域の安定にとって極めて重要なことだ!

これに対して、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相もツイッターのアカウントで謝意を示した。

ネタニヤフ首相のツイートは以下の通り:

「先ほどドナルド・トランプ米大統領と話をし、ゴラン高原の主権を認めるという決断について彼に謝意を示した。トランプ大統領、あなたは歴史を作ったのです!」

AFP, March 21, 2019、ANHA, March 21, 2019、AP, March 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 21, 2019、al-Hayat, March 22, 2019、Reuters, March 21, 2019、SANA, March 21, 2019、UPI, March 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク