ロシア当事者和解調整センター司令官「イドリブ県にフランスとベルギーの諜報機関が到着、シリア軍による化学兵器攻撃を偽装しようとしている」(2019年3月29日)

ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置されている当事者和解調整センターのヴィクトール・クプチシン(Viktor Kupchishin)司令官(少将)は記者会見で、イドリブ県にフランスとベルギーの諜報機関が到着、シリア軍による化学兵器攻撃を偽装しようとしているとの情報を得たと述べた。

クプチシン司令官によると、塩素ガスと思われる有毒ガスを詰めたボンベが、3月23日にサラーキブ市からハーン・シャイフーン市、マアッラト・ハルマ村、カフルズィーター市に移送されたという。

スプートニク・ニュース(3月29日付)が伝えた。

なお、ベルギー、フランスの外務省はこれを強く否定している。

AFP, March 29, 2019、ANHA, March 29, 2019、AP, March 29, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 29, 2019、al-Hayat, March 30, 2019、Reuters, March 29, 2019、SANA, March 29, 2019、Sputnik News, March 29, 2019、UPI, March 29, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク