2011年5月29日のシリア情勢

反体制勢力の動き

シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、AFP(5月29日付)に対して、ダルアー県ジャースィム市の病院に勤務するムハンマド・アワド・アンマール医師が「国家の威信に抵触し、虚偽の情報を発信した」容疑で裁判にかけられていると述べ、非難した。シリア司法でかけられていると述べた。

アンマール医師は軍高官と面談し、シリア国内の危機解消の仲介を求めていたが、4月29日に逮捕されたという。

シリア政府の動き

シリア検死官連盟のアクラム・シャッアール会長は記者会見を開き、治安当局による拷問で死亡したと反体制勢力が主張するハムザ・ハティーブ君(13歳)の死に関して、4月29日にダルアー県からダマスカス県に搬送された時には、銃で撃たれて既に死亡していたと述べた。

シャッアール会長はまた、「遺体に残された腫瘍は、死亡から1ヶ月以上経った凝固によって生じたもので、拷問によるものではない」と述べた。

**

シリア・アラブ・テレビ(5月29日付)は、ヒムス県で破壊活動を行っていたとする2人の証言映像を放映した。

国内の暴力

複数の目撃者、人権活動家によると、シリア軍はヒムス県のラスタン市、タルビーサ市、ティールマアッラ村で続いている反体制デモを強制排除するため、戦車数十輌などからなる増援部隊を早朝に派遣、デモ参加者に集中砲火を浴びせ、少なくとも5人(ラスタン市で2人、タルビーサ市で3人)を殺害、数百人を負傷させ、多数の住民を逮捕した。

複数の目撃者によると、これらの都市・村では、治安部隊によって封鎖され、住宅一件一件に突入、家屋、モスクの屋上には狙撃手が展開し、住民の外出を禁じているという。

また、インターネット、水道、電気、地上電話回線、そして携帯電話のほとんどが不通となり、外界から遮断されているという。

一方、SANA(5月29日付)は、軍高官筋の話として、タルビーサ市で武装テロ集団中の軍・治安部隊兵士4人(士官1人を含む)が死亡、14人が負傷したと報じた。

諸外国の動き

パリのトロカデロ広場で昨日、約200人が集まり、「民主的シリア」への支持と、シリアの体制への「国際社会の制裁」を求めた。

デモ参加者は「国民は政権打倒を望む」、「シリアでの虐殺を止めよ」と連呼した。

『ハヤート』(5月30日付)が報じた。

AFP, May 29, 2011, May 30, 2011、Akhbar al-Sharq, May 30, 2011、al-Hayat, May 30, 2011 、Kull-na Shuraka’, May 29, 2011、Naharnet, May 29, 2011、Reuters, May 29, 2011、SANA, May 29, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク