イドリブ県ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍監視所をシリア軍が砲撃、兵士3人が負傷。ロシアは反体制派による砲撃だと主張(2019年6月13日)

トルコ国防省は声明を出し、イドリブ県ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍の監視所が12日晩にシリア軍の砲撃を受け、兵士3人が軽傷を負ったと発表した。

監視所に着弾した砲弾は35発におよび、声明では攻撃が意図的なものだとして、ロシア側に抗議を行ったとしている。

なお、トルコ国防省は当初、砲撃を受けたのがハマー県郊外に設置されているトルコ軍の監視所の一つと発表、ドゥラル・シャーミーヤ(6月13日付)などは、狙われたのがシール・マガール村近郊の監視所だと伝えていた。

**

砲撃を受け、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が12日晩に緊急閣議を開き、対応について協議した。

イブラヒム・カリン大統領府報道官は報道声明を出し、「イドリブ県で起きていることは我々の懸念をかき立てており、我々は関係各機関に事態についての説明を行った…。我々は、トルコを挑発するようなシリア政府の攻撃を停止させるためにロシアとの連絡を続ける」と発表した。

**

しかし、ロシア外務省は13日に声明を出し、イドリブ県ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍の監視所がシリア軍ではなく、反体制武装集団の攻撃を受けたと発表した。

声明によると、この攻撃を受けて、トルコ側がロシア側に、トルコ軍兵士の安全確保と武装集団の拠点への攻撃のための支援を要請、ロシア軍が反体制武装集団の拠点複数カ所に対して爆撃を実施、トルコ軍の拠点を砲撃した砲台1カ所、大規模拠点1カ所を破壊した。

**

これに対して、トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、アンカラでのフランスのジャン=イヴ・ル=ルドリアン外務大臣との会談で、ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍監視所への砲撃に関して「意図的なものだ」と厳しく非難したうえで、「トルコは攻撃が続く場合、必要なことを行うだろう…。我々はロシアとこうした攻撃を食い止めるために努力したいと考えている…。戦闘が完全に停止しているなどと言うことはできない」と述べた。
アナトリア通信(6月13日付)が伝えた。

AFP, June 13, 2019、Anadolu Ajansı, June 13, 2019、ANHA, June 13, 2019、AP, June 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 13, 2019、al-Hayat, June 14, 2019、Reuters, June 13, 2019、SANA, June 13, 2019、SOHR, June 13, 2019、UPI, June 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク