米主導の有志連合がイドリブ県を中心とする反体制派支配地域を爆撃し、新興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構の司令官6人を含む8人を殺害(2019年6月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合と思われる航空部隊が早朝(4時20分頃)、県西部のアレッポ市ムハンディスィーン地区郊外を爆撃し、新興のアル=カーイダ系組織の一つフッラース・ディーン機構の司令官6人が死亡した。

爆撃はフッラース・ディーン機構の幹部会合を狙ったもので、8人が死亡、うち2人がアルジェリア人司令官、2人がチュニジア人司令官、1人がエジプト人司令官、1人がシリア人司令官だという。

ANHA(7月1日付)によると、殺害されたのはアブー・フィダー・トゥーニスィー、アブー・アムル・トゥーニスィー、アブー・ダジャーナ・トゥーニスィー、アブー・ヤフヤー・ジャザーイリー、アブー・ザッル・ミスリー、アブー・イブラーヒーム・シャーミー。

**

これに関して、反体制系のドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)は、戦闘機がトルコ南部にあるNATOのインジルリク航空機を離陸し、爆撃を行ったと伝えた。

また、カタールのアル=ジャズィーラ・チャンネル(6月30日付)も、有志連合の複数の情報筋が、シリア北部の複数カ所に対して爆撃を行ったことを認めたと伝えた。

**

ANHA(7月1日付)は、殺害された司令官は、ハマー県北部でシリア軍と戦うことを拒否していために、有志連合の爆撃を受けたと伝えた。

AFP, June 30, 2019、Aljazeera.net, June 30, 2019、ANHA, June 30, 2019、July 1, 2019、AP, June 30, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 30, 2019、al-Hayat, July 1, 2019、Reuters, June 30, 2019、SANA, June 30, 2019、SOHR, June 30, 2019、UPI, June 30, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク