シリア・ロシア軍によるイドリブ県、ハマー県への爆撃で民間人34人が死亡(2019年7月21日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから81日目となる7月21日、シリア・ロシア軍は爆撃を継続、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が交戦した。

シリア人権監視団によると、4月30日以降の戦闘による犠牲者数は前日より34人(民間人18人、シリア軍兵士5人、反体制武装集団戦闘員11人)増えて2,583人となった。

うち、691人が民間人(女性135人、子供180人を含む)、918人がシリア軍兵士、974人が反体制武装集団戦闘員。

シリア軍戦闘機による爆撃回数は56回を記録、ヘリコプターが「樽爆弾」62発を投下、ロシア軍も29回の爆撃を行った。

またシリア軍の地上部隊による砲撃は340発におよんだ。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が戦闘機でハーン・シャイフーン市およびその一帯、カッサービーヤ村一帯、カフルナブル市、サラーキブ市およびその一帯、マアッラト・ハルマ村、アウラム・ジャウズ村、マアッルシューリーン村、マアッラト・ヌウマーン市一帯、トゥラムラー村、ナキール村、シャイフ・ムスタファー村、ファッティーラ村、ウライニバ村、ルブア・ジャウル村、マアッルズィーター村、カフルサジュナ村に対して爆撃を実施するとともに、ヘリコプターでマアッラト・ハルマ村およびその一帯、ハザーリーン村一帯、マアッラト・スィーン村、シャイフ・ムスタファー村、ナキール村、カフルナブル市、およびその一帯、ハーッス村、マアッラト・スィーン村、ウライニバ村、カッサービーヤ村一帯に「樽爆弾」を投下した。

またシリア軍は地上部隊が県内の戦闘地域を砲撃した。

ロシア軍もハーン・シャイフーン市、ヒーシュ村一帯、ウライニバ村、ジャバーラー村を爆撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(7月21日付)によると、アウラム・ジャウズ村に対するシリア軍の爆撃で少なくとも9人が死亡した。

また、シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍などからなる「必勝」作戦司令室はカッサービーヤ村一帯でシリア軍と激しく交戦した。

一方、SANA(7月21日付)によると、シリア軍がカッサービーヤ村一帯でシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と激しく交戦した。

反体制武装集団は2度にわたり自爆攻撃を試みたが、シリア軍はこれを阻止し、多数の戦闘員を殺傷した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターがムーリク市に「樽爆弾」を投下するとともに、地上部隊が県北部および北西部の戦闘地域を砲撃した。

ロシア軍もカフルズィーター市、ムーリク市を爆撃した。

一方、SANA(7月21日付)によると、反体制武装集団がシリア政府支配下のムハルダ市、ジューリーン村を砲撃、シリア軍が応戦し、フワイジャ村、ドゥワイル・アクラード村、サルマーニーヤ村、にあるシャーム解放機構やトルキスタン・イスラーム党の拠点を攻撃した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊がカッバーナ村一帯を砲撃した。

AFP, July 21, 2019、ANHA, July 21, 2019、AP, July 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 21, 2019、Reuters, July 21, 2019、SANA, July 21, 2019、SOHR, July 21, 2019、UPI, July 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク