「必勝」作戦司令室とシリア救国内閣がイドリブ県南部およびハマー県北部での戦況や人道状況への対応について協議(2019年8月24日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構、トルコの支援を受ける国民解放戦線、「穏健な反体制派」と目されてきたイッザ軍などからなる「必勝」作戦司令室は、シリア救国内閣と会合を開きイドリブ県南部およびハマー県北部での戦況や人道状況への対応について協議した。

シリア救国内閣は、イドリブ県を中心とする反体制派支配地域の軍事・治安権限を掌握するシャーム解放機構に同地の自治を委託されている組織。

会合には、シリア救国内閣のファウワーズ・ハラール首班および同内閣関係者、「必勝」作戦司令室代表が出席した。

シャーム解放機構に近いイバー・ネットが伝えた(8月24日付)。

AFP, August 24, 2019、ANHA, August 24, 2019、AP, August 24, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 24, 2019、Reuters, August 24, 2019、SANA, August 24, 2019、Shabaka Iba’ al-Ikhbariya, August 24, 2019、SOHR, August 24, 2019、UPI, August 24, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.