欧州外交評議会はシリア人ビジネスマン11人を新たな制裁対象に(2019年1月21日)

欧州外交評議会はシリア人ビジネスマン11人を制裁(EU内での資産凍結や渡航禁止)対象リストに新たに追加した。 ANHA(1月21日付)が伝えた。 AFP, January 21, 2019、ANHA, January 2 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュのパキスタン人戦闘員がYPG主体のシリア民主軍に投降し、ダーイシュがトルコ国内に複数の拠点を有し、移動経路を確保していたと証言(2019年1月21日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(1月21日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が県南東部で投降してきたダーイシュ(イスラーム国)のメンバー数十人を拘束した。 投降してきたメンバーの1人は、パキスタンのラホ ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエル軍は前日に続いてシリア領内各所を爆撃:ダブル・トラップにより少なくとも4人死亡、6人負傷(2019年1月21日)

SANA(1月21日付)は、軍消息筋の話として、イスラエル軍が20日に続いて21日午前1時10分、シリア領内を空対地ミサイルと地対地ミサイルによって波状攻撃を行い、シリア軍防空部隊が迎撃し、そのほとんどを破壊、数十発を目 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県南部で米軍とシリア民主軍の合同車列を狙った自爆攻撃は発生、米軍兵士2人が負傷、ダーイシュの犯行か?(2019年1月21日)

ハサカ県では、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の広報センターによると、シャッダーディー市近郊の第47橋に設置された内務治安部隊(アサーイシュ)の検問所で爆弾を積んだ車がシリア民主軍と有志連合の合同パトロール部隊を狙 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県でシャーム解放機構、イッザ軍と交戦(2019年1月21日)

ハマー県では、SANA(1月21日付)によると、シリア軍がバーブ・ターカ村一帯のシャーム解放機構を集中的に砲撃した。 シリア軍はまたズィヤーラ町一帯でトルキスタン・イスラーム党の停戦違反を確認し、迎撃したほか、ラターミナ ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから407人、ヨルダンから774人の難民が帰国、避難民261人が帰宅(2019年1月21日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月21日付)を公開し、1月20日に難民1,181人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは407人(うち女性121人、子供20 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アブダビでシリア・UAE民間セクター拡大会合開催(2019年1月20日)

SANA(1月20日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(1月20日付)などは、UAEのアブダビで、シリアとUAEの民間セクター拡大会合が開催されたと伝えた。 会合には、両国のビジネスマン約60人が参加し、通商(輸出入)、工業、 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ヌールッディーン・ザンキー運動は「トルコの命令」により司令部メンバー全員を解任(2019年1月20日)

トルコの庇護を受ける国民解放戦線を主導する武装集団の一つヌールッディーン・ザンキー運動のタウフィーク・シハーブッディーン司令官は、ドゥラル・シャーミーヤ(1月20日付)に対して、「シリア北部(アフリーン郡)ジャンディール ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリアで反体制武装闘争を指揮するサウジアラビア人説教師ムハイスィニー氏「シリア革命は失敗していない!」(2019年1月20日)

シャーム解放機構幹部やシャーム自由人イスラーム運動に近く、シリアで反体制武装闘争を指揮するサウジアラビア人説教師のアウドゥッラー・ムハイスィニー氏は自身のテレグラムのアカウントを通じてビデオ声明(https://yout ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン市で旅客バス内に仕掛けられていた爆弾が爆発し、3人が死亡(2019年1月20日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月20日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市で旅客バス内に仕掛けられていた爆弾がカーワー交差点近くで爆発し、民間人3人が死亡、7人が負傷した。 同サイトによると、工兵部 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

首都ダマスカスの軍事治安局関連施設で大きな爆発、アブー・アマーラ特殊任務中隊は犯行を認めるも、内部抗争による可能性あり(2019年1月20日)

ダマスカス県では、SANA(1月20日付)が、南部環状地区で爆発が発生、テロ行為によると思われるとの情報があると伝えた。 またシャームFM(1月20日付)も、「南部環状地区に近い軍の拠点を狙ったテロ行為による爆発が起きた ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエル軍がダマスカス国際空港を再び爆撃するも、シリア軍防空部隊がミサイルを撃破(2019年1月20日)

SANA(1月20日付)、イフバーリーヤ(1月20日付)などは、シリア軍消息筋の話として、防空部隊がシリア南部に対するイスラエル軍の攻撃に対して迎撃を行ったと伝えた。 [caption id="attachment_56 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍がイドリブ県を爆撃し、少なくとも1人が死亡(2019年1月20日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がジスル・シュグール市に近いジャーヌーディーヤ町一帯とバクサルヤー村をそれぞれ2度にわたり爆撃した。 バクサルヤー村での爆撃では、男性1人が死亡したという(ホワイト ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから419人、ヨルダンから650人の難民が帰国、避難民239人が帰宅(2019年1月20日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月20日付)を公開し、1月19日に難民1,069人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは419人(うち女性125人、子供21 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構ハマー地区司令官:シャーム自由人イスラーム運動はガーブ平原に戻り戦うだけで、指揮権はない(2019年1月19日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構と、トルコの庇護を受ける国民解放戦線を主導するアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動は、ハマー県ガーブ平原のシリア政府支配地域に面する前線拠点の処遇をめぐって新たな合意 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ソイル内務大臣:トルコのシリア難民は360万人、うち8万人弱が国籍を取得、5万人強(成人)が被選挙権を有する(2019年1月19日)

トルコのスレイマン・ソイル内務大臣は、メルスィン県での地方選挙にかかる安全対策会合で、「シリア難民5万3000人がトルコ国籍を取得し、3月に予定されている地方選挙で投票できる」と述べた。 ソイル内務大臣は「トルコ国籍を取 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県でYPGメンバーが相次いで離反(2019年1月19日)

ハサカ県では、ハサカ青年連合によると、シリア民主軍の主導する人民防衛隊(YPG)のメンバー5人がタッル・ブラーク町で離反、同地近郊のタッル・ハーズーク村でYPGのパトロール部隊が彼らを追跡中に住民と口論となり、発砲した。 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ラフマーン軍団はダマスカス郊外県東グータ地方からアフリーン郡に退去して以降、初めて戦闘員が死亡したと発表(2019年1月19日)

アレッポ県では、ANHA(1月19日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市のジーン・サロン近くで爆発が発生、死傷者が出た。 また、シャッラー村近郊のマリーミーン村にある自由警察とラフマーン師団の本部で爆発が発生し ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍に所属するバーブ軍事評議会はロシア軍憲兵隊とトルコ占領地域に近いアレッポ県北部でパトロール活動を行う写真、画像を公開(2019年1月19日)

ANHA(1月19日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するバーブ軍事評議会が、ロシア軍憲兵隊とともに、トルコの占領地域に近いアレッポ県バーブ市北東のアリーマ町一帯でパトロール活動を強化していると伝え、写 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

グラハム米上院議員「無計画なシリアからの米軍撤退は「ステロイド剤を投与したイラク」をもたらす…YPGをトルコから遠ざける計画を策定している」(2019年1月19日)

リンセイ・グラハム米上院議員(サウス・カロライナ州選出、共和党)は、トルコンのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との会談のために訪問しているアンカラで記者団に対して、シリアからの拙速な軍撤退が「混乱」と「ステロイド ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする