ロシア外務省報道官「シャーム解放機構が、ホワイト・ヘルメットとともにイドリブ県内で新たな化学兵器攻撃劇場を準備している」(2019年3月15日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は記者団に対して、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が、ホワイト・ヘルメットとともにイドリブ県内で新たな化学兵器攻撃劇場を準備していると発表し、懸念を表明した。 リア・ノーヴ ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハマー県、イドリブ県でシリア軍が反体制武装集団と交戦(2019年3月15日)

ハマー県では、SANA(3月15日付)によると、シリア軍が、ラハーヤー村、ムーリク市、カフルズィーター市、ウスマーン丘、サフル丘一帯からシリア政府支配地域に潜入しようとした反体制武装集団を砲撃した。 ** イドリブ県では ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから156人、ヨルダンから860人の難民が帰国、避難民52人が帰宅(2019年3月15日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月15日付)を公開し、3月14日に難民1,016人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは156人(うち女性47人、子供80 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領、チャヴシュオール外務大臣、アカル国防大臣はロシアのイドリブ県爆撃を非難せず(2019年3月14日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ベルギーのブリュッセルで開催されている国際会議「ブリュッセル3大会:シリアと地域の未来の支援」で、13日のロシア軍によるイドリブ県爆撃に関して「トルコはいかなる挑発があろう ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコの庇護を受けるシャーム軍団幹部はロシア軍の爆撃に関して「シリアの問題は外国の手に委ねられてしまっている」と吐露(2019年3月14日)

トルコの庇護を受ける国民解放戦線に所属するシャーム軍団法務官(兼国民解放戦線法務局長)のウマル・フザイファ氏はテレグラムのアカウントを通じて、シャーム解放機構が軍事・治安権限を握るイドリブ県に対する13日のロシア軍の爆撃 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構は13日のロシア軍の爆撃に乗じて脱走したシリア諜報機関工作員に懸賞金をかけ再び拘束(2019年3月14日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構は声明を出し、13日のイドリブ中央刑務所に対する爆撃に乗じて脱獄したシリア諜報機関の工作員の潜伏先についての情報を提供した者に懸賞金を支払うと発表した。 懸賞金をかけられたの ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アル=カーイダにイドリブ県の自治を委託されているシリア救国戦線は、世界の人権擁護団体に「ロシアとイランの犯罪」を停止させるため圧力をかけるよう呼びかける(2019年3月14日)

イドリブ県およびその周辺の反体制派支配地域(非武装地帯第1ゾーン)で軍事・治安権限を掌握するシリアのアル=カーイダのシャーム解放機構に自治を委託されているシリア救国内閣(ムハンマド・シャイフ首班)は声明し、13日のロシア ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

バーグーズ村(ダイル・ザウル県)からダーイシュ戦闘員と家族1,300人がシリア民主軍に新たに投降(2019年3月14日)

ダイル・ザイル県では、ANHA(3月14日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地である(上)バーグーズ村に留まっていたダーイシュ(イスラーム国)戦闘員の男女数百人が、同地への総攻撃を続ける人民防衛隊(YPG ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ占領下のバーブ市で爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発、オリーブの怒り作戦司令室が関与を認める(2019年3月14日)

アレッポ県では、ANHA(3月14日付)によると、トルコの占領下にあるバーブ市のシャイフ・ドゥーシャー・モスク前で爆弾が仕掛けられたオートバイが爆発し、反体制武装集団の戦闘員1人が負傷した。 これに関して、人民防衛隊( ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はシャーム解放機構、トルキスタン・イスラーム党とハマー県、イドリブ県、アレッポ県で交戦(2019年3月14日)

アレッポ県では、SANA(3月14日付)によると、シリア軍がアレッポ市南のザンマール町一帯を移動する反体制武装集団を砲撃した。 シリア軍はまたアレッポ市西のハーン・トゥーマーン村にあるシャーム解放機構の拠点を砲撃した。 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから108人、ヨルダンから761人の難民が帰国、避難民57人が帰宅(2019年3月14日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月14日付)を公開し、3月13日に難民869人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは108人(うち女性33人、子供55人) ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国防総省はシリア関連予算5億米ドルを確保(2019年3月13日)

米国防総省は声明を出し、2020年会計年度予算において、5億米ドルをシリア関連予算として確保したと発表した。 声明によると、5億米ドルのうち2億5000万ドルはシリアの近隣諸国の安全保障関連の経費、3億5000万ドルはシ ... Read More

カテゴリー: その他 | コメントする

ダーイシュ最後の支配地バーグーズ村でYPG主体のシリア民主軍の総攻撃続く(2019年3月13日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(3月13日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地である(上)バーグーズ村で、前日に引き続きダーイシュと激しく交戦した。 シリア民主軍 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍と反体制武装集団がアレッポ県北部を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士3人が負傷(2019年3月13日)

アレッポ県では、ANHA(3月13日付)によると、トルコの占領下にあるガンドゥーラ町近郊のキーマール村に展開するトルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、シーラーワー村近郊のズィヤーラ村を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダルアー県でシリア政府と和解した反体制武装集団の元司令官が暗殺される(2019年3月13日)

ダルアー県では、ハウラーン自由人連合がフェイスブックのアカウントを通じて明らかにしたところによると、シリア政府との和解に応じた反体制武装集団(自由シリア軍ハウラーン大隊タウヒード師団)のナースィル・フサイン・アマーリー元 ... Read More

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

ダルアー市、アレッポ市で国民社会支援基金が復員兵士の援助申請を受け付ける(2019年3月13日)

SANA(3月13日付)は、ダルアー市やアレッポ市に設置された国民社会支援基金で、復員兵士の援助申請受付が続けられていると伝えた。 ダルアー支部のワスィーム・ダイリー支部長によると、ダルアー市ではこの2日間で復員兵士69 ... Read More

カテゴリー: その他 | コメントする

ロシア軍はトルコと連携して、シャーム解放機構の支配下にあるイドリブ市を精密爆撃、武器弾薬庫を破壊したほか、イドリブ県各所を爆撃、シリア軍もハマー県、アレッポ県各所を砲撃(2019年3月13日)

ロシア国防省は声明を出し、ロシア軍戦闘機が、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県の中心都市イドリブ市にある武器弾薬庫に対して精密爆撃を行ったと発表した。 声明は以下の通り: 「 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから73人、ヨルダンから899人の難民が帰国、避難民111人が帰宅(2019年3月13日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月13日付)を公開し、3月12日に難民972人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは73人(うち女性22人、子供37人)、 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ベルギーのブリュッセルで国際会議「ブリュッセル3大会:シリアと地域の未来支援」が開幕(2019年3月12日)

ベルギーのブリュッセルで国際会議「ブリュッセル3大会:シリアと地域の未来の支援」が開幕した。 会議は12~14日までの予定で、欧州連合(EU)と国連が共催し、アラブ連盟、国際機関、シリアと近隣諸国の市民団体の代表数1,0 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

反シリア政府系『ナハール』紙はシリア諜報機関がレバノンから自発的に帰国した難民を殺害していると伝える(2019年3月12日)

シリア政府に反対の立場をとる『ナハール』(3月12日付)は、欧米諸国の複数の報告書の情報に基づくとして、レバノンから自発的に帰国したシリア難民が、シリアの諜報機関によって殺害されていると伝えた。 同紙によると、これらの報 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする