アレッポ県アフリーン郡でYPGがトルコ軍と交戦、兵士3人を殺害(2018年12月7日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターによると、YPGが5日、トルコの占領下にあるアフリーン郡のシャッラー村・シーラーワー村にあるトルコ軍の陣地を攻撃し、トルコ軍兵士 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はダイル・ザウル県南東部ハジーン市の病院を爆撃し8人を殺害、YPG主体のシリア民主軍は同市に突入(2018年12月7日)

ダイル・ザウル県では、SANA(12月7日付)によると、米主導の有志連合が県南東部のハジーン市を爆撃、市内にあるハジーン病院を破壊、少なくとも市民8人が死亡した。 ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(12月7 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコの庇護を受ける国民解放戦線がアレッポ市西部のシリア軍拠点を攻撃(2018年12月7日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月7日付)によると、トルコの庇護を受ける国民解放戦線がアレッポ市西部のラーシディーン地区一帯のシリア軍拠点複数カ所を攻撃し、親政権民兵4人を殺害した。 ** ハマー県では、SA ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア外務省は「確たる情報」をもとに11月24日のアレッポ市塩素ガス攻撃を捏造とする米国の主張を否定(2018年12月7日)

ロシア外務省は声明を出し、11月24日のアレッポ市での塩素ガス攻撃をロシアとシリア政府の捏造だと断じた米国務省の発表に関して「ロシアはテロリストが化学物質を装填した砲弾を使用したことを示す確たる証拠を持っており…、米国務 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国務省は「信頼できる情報」をもとに11月24日の反体制派によるアレッポ市塩素ガス攻撃がロシアとシリア政府の捏造と断定(2018年12月7日)

米国務省のロバート・パラディノ副報道官は声明を出し、11月24日にアレッポ市で発生した塩素ガス攻撃に関して、「アサド政権とロシアは反体制派と過激派が攻撃を行ったと虚偽の主張を行っている」と断じた。 パラディノ副報道官は「 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから134人、ヨルダンから735人の難民が帰国、避難民227人が帰宅(2018年12月7日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月7日付)を公開し、12月6日に難民869人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは134人(うち女性40人、子供69人)、 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

UNIFIL司令官はイスラエル北部を視察し、ヒズブッラーが掘削したトンネルを確認(2018年12月6日)

UNIFIL(国際連合レバノン暫定駐留軍)のステファノ・デル司令官(大佐)を団長とする派遣団は、レバノンとの境界(ブルー・ライン)に近いイスラエル北部のメトゥラ村を視察訪問した。 [caption id="attachm ... Read More

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き | コメントする

反体制系サイトはシリア・レバノン国境地帯でヒズブッラーと国防隊が麻薬取引をめぐって交戦していると伝える(2018年12月6日)

ダマスカス郊外県では、反体制系サイトのオリエント・ニュース(12月6日付)によると、フライタ村でヒズブッラーと国防隊が交戦、戦闘はシリア・レバノン国境の無人地帯にまで拡大し、双方に死傷者が出た。 同サイトによると、戦闘は ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダイル・ザウル県南東部でダーイシュとの戦闘を続け、市民300人を新たに解放(2018年12月6日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(12月6日付)によると、「テロ駆逐の戦い」を続行する西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、県南東部のハジーン市一帯でダーイシュ(イスラーム国) ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍士官は「ロシアはシリア政府に、シリア軍の拠点が攻撃を受けた場合、民間施設であっても砲撃して良いとする許可を与えた」と反体制派に伝える(2018年12月6日)

ドゥラル・シャーミーヤ(12月6日付)は、イドリブ県の反体制派支配地域の監視所に駐留するトルコ軍士官らが、ロシアがシリア政府に非武装地帯への砲撃を許可していることをジャルジャナーズ町(イドリブ県)地元評議会のフサイン・ダ ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

YPGはトルコ占領下のアフリーン市でスルターン・ムラード師団と北部旅団を攻撃(2018年12月6日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターによると、トルコの占領下にあるアフリーン市でYPGが5日、スルターン・ムラード師団の車輌と北部旅団の車輌を攻撃し、3人を殺害した ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから143人、ヨルダンから574人の難民が帰国、避難民225人が帰宅(2018年12月6日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月6日付)を公開し、12月5日に難民717人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは143人(うち女性43人、子供73人)、 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする