シリア政府の動き」カテゴリーアーカイブ

内務省は新型コロナウィルス感染予防策として中国、イラン、日本など26カ国の国民の入国を禁止(2020年3月20日)

内務省は、新型コロナウィルス感染予防策として、中国、イタリア、イラン、韓国、スペイン、ドイツ、フランス、米国、日本、ベルギー、オーストラリア、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの国民の入国を2ヶ月、またカ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍は新型コロナウィルス感染予防策として、4月22日まですべての物流・兵站を停止することを決定(2020年3月20日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、新型コロナウィルス感染予防策として、4月22日までの約1ヶ月間、すべての物流・兵站を停止することを決定したと発表した。 また、物流・兵站にかかる延滞への一切の法的措置についても停止す … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下のアレッポ県、ラッカ県、ハサカ県各所でナウルーズがひっそりと祝われる(2020年3月20日)

ANHA(3月20日付)は、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるアレッポ県のアイン・アラブ(コバネ)市郊外、タッル・リフアト市、マンビジュ市、アレッポ市シャイフ・マクスード地区、ラッカ県アイン・イーサー市、ハ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領とロシアのプーチン大統領が電話会談でシリア情勢の進捗について意見を交わす(2020年3月20日)

アサド大統領はロシアのヴラジミール・プーチン大統領と電話会談を行い、シリア情勢の進捗について意見を交わした。 SANA(3月20日付)によると、会談では、3月5日のロシア・トルコ首脳会談での停戦合意が発効して以降も「テロ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ハビーブ元国防大臣(81歳)が死去(2020年3月20日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、アリー・ハビーブ元国防大臣(81歳)がダマスカス県のアサド大学病院で死去したと発表、弔意を示した。 ハビーブ元国防大臣はタルトゥース県サーフィーター市近郊のマンダラ村出身。 1962 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ軍がM4高速道路を単独パトロールするなか、ロシア・トルコ軍の合同パトロールに反対する者たちがトルコ軍によって撤去された土嚢を再び積み上げる(2020年3月20日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効してから15日目となる3月20日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、「決戦」作戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でトルコ軍が反体制派の攻撃を受け、兵士2人死亡、1人負傷(2020年3月19日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反が確認されなかったと発表した。 トルコ側の監視チームも停戦違反を確認しなかった。 停戦違反が確認されなかったのは、2017年5月のアスタナ4 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県でシリア軍と元反体制武装集団が交戦、住民8人が巻き添えとなって死亡(2020年3月18日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジッリーン村の検問所近くで、シリア政府との和解に応じていた元反体制武装集団の司令官3人に発砲した。 発砲の原因は不明だが、シリア軍と元反体制武装集団は撃ち合いとなり、シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

新型コロナウィルス感染防止策としてシリア政府が設置した隔離施設の不衛生さに抗議の声(2020年3月18日)

SANA(3月18日付)のサフィーラ・イスマーイール特派員が、新型コロナウィルス感染防止策として、ダマスカス郊外県のドゥワイル地区(首都ダマスカス県南のムカイラビーヤ市近郊)に設置された隔離施設を訪問取材した。 隔離施設 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ軍がシャーム解放機構が設置した土嚢を撤去し、M4高速道路を再開(2020年3月18日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効してから13日目となる3月18日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、「決戦」作戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍がラッカ県北部のシリア軍拠点を砲撃(2020年3月17日)

ラッカ県では、ANHA(3月17日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がタッル・アブヤド市近郊のスライブ村、クーバルラク村、アフダクー村、フッリーヤ村、アリーダ村を砲撃した。 アリーダ村に対する砲撃では、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府支配地、北・東シリア自治局支配地、トルコ占領地で新型コロナウィルス予防に向けた動きが続く(2020年3月17日)

ニザール・ヤーズジー保健大臣は報道向け声明を出し、省内での会合で、全国の市民サービス・センター、公園、映画館、劇場、クラブ、式場などの公営施設の閉鎖を決定したと発表した。 ** ダマスカス県は、新型コロナウィルス感染予防 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シャーム解放機構はM4高速道路への接近と通行を阻止するため、沿線に土嚢と堀を設置(2020年3月17日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効してから12日目となる3月17日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、「決戦」作戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍とトルコの支援を受ける国民軍が捕虜交換(2020年3月16日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領地(「ユーフラテスの盾」地域)と、北・東シリア自治局とシリア政府支配地が接するバーブ市近郊のアブー・ザンディーン村に設置されている通行所で、シリア軍と国民軍が捕虜交換を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

保健省:新型コロナウィルスへの感染が疑われる103人全員の検査結果は陰性(2020年3月16日)

保健省は声明を出し、新型コロナウィルスに感染した疑いがあるとして国内各地の病院で検査を受けた103人全員の結果が陰性だったと発表した。 ** 運輸省は声明を出し、17日のUAEシャルジャ・ダマスカス旅客便を予定通り運航す … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ軍がハサカ県タッル・タムル町近郊を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士1人負傷、変電所が利用不能に(2020年3月16日)

ハサカ県では、ANHA(3月16日付)やSANA(3月16日付)によると、トルコ軍がタッル・タムル町近郊のウンム・カイフ村、タウィーラ村を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士1人が負傷、ウンム・カイフ村の変電所が利用不能となっ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍はM4高速道路沿線でのロシア・トルコ軍合同パトロールに反対する座り込み現場近くに新たな拠点を設置(2020年3月16日)#シリア #トルコ #ロシア

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(5日深夜)してから11日目となる3月16日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府による新型コロナウィルス感染予防策続く(2020年3月15日)

保健省は声明を出し、イラクから空路で帰国し、新型コロナウィルスへの感染が疑われていたシリア人男性1人の検査結果が陰性だったと発表した。 ** イマード・ハミース内閣は前日に続いて閣議を開き、新型コロナウィルス感染防止対策 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア赤新月社はシャーム解放機構が自治を委託する救国内閣によるイドリブ市とアリーハー市の事務所閉鎖と設備・医薬品没収を非難(2020年3月15日)

シリア赤新月社は声明を出し、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構によって自治を委託されている救国内閣の検察総局が、イドリブ市、アリーハー市でのシリア赤新月社の事務所を閉鎖し、設備や医薬品を没収したことを受け、「テ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はロシア・トルコ軍のM4高速道路沿線での合同パトロールが中断したのを受けて砲撃を実施(2020年3月15日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(5日深夜)してから10日目となる3月15日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする