日別アーカイブ: 2014年1月30日

2014年1月30日のシリア情勢:諸外国の動き(追記)

化学兵器禁止機関(OPCW)は執行理事会を開き、シリア情勢を協議した。 執行理事会では、化学兵器関連物質の搬出が遅れた現状の評価をめぐって米露などが対立し、報告書がまとまらなかった。 AFP(1月31日付)などが伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

2014年1月30日のシリア情勢:諸外国の動き

PFLP-GCのアンワル・ジャラー報道官は、PFLP-GCがシリア政府の支援のもと、ダマスカス県ヤルムーク区に人道支援物資を搬入した、と発表した。   ** アフダル・ブラーヒーミー共同特別代表はジュネーブの国 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

2014年1月30日のシリア情勢:イラクの動き

イラキー・ニュース(1月30日付)によると、合同作戦司令部が声明を出し、ニナワ県警がモスル市郊外のハムラ村でイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)のメンバー15人を逮捕した。 AFP, January 30, 20 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き | コメントする

2014年1月30日のシリア情勢:レバノンの動き

NNA(1月30日付)によると、シリア領(ダマスカス郊外県カラムーン地方)からベカーア県バアルベック郡アルサール村に不法入国しようとしたシャームの民のヌスラ戦線メンバーのシリア人3人をレバノン軍が逮捕した。 また、OTV … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

2014年1月30日のシリア情勢:国内の暴力

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ナイラブ航空基地近くの穀物施設を反体制武装集団が砲撃し、同施設を拠点としていた軍の兵士複数が死傷、また同基地周辺で軍と武装集団が交戦した。 またアレッポ市カルム・タッラーブ地区で … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

2014年1月30日のシリア情勢:反体制勢力の動き

クッルナー・シュラカー(1月30日付)は、アレッポ県で活動する反体制武装集団8組織が、「イスラーム特殊任務旅団」を結成したと報じた。 司令官に就任したムハンマド・シャッラーシュ氏によると、イスラーム特殊任務旅団は、あらゆ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする