フライジュ国防大臣がカーミシュリー市で民主連合党幹部と会談し、ダーイシュ(イスラーム国)に対抗するためのシリア軍とYPGの協調態勢作りに向け協議(2015年7月1日)

SANA(7月1日付)は、ファフド・ジャースィム・フライジュ国防大臣らシリア軍幹部が、アサド大統領の指示を受け、シリア軍幹部らとともに、ハサカ県カーミシュリー市を訪問し、ダーイシュ(イスラーム国)掃討の最前線で任務に当たるシリア軍部隊を視察した、と伝えた。

これに関して、クッルナー・シュラカー(7月2日付)は、フライジュ国防大臣が1日早朝、カーミシュリー市に空路で到着し、空港で西クルディスタン移行期民政局を主導するクルド民族主義政党の民主連合党の幹部と会談したと伝えた。

会談は、ダーイシュに対抗するためのシリア軍と人民防衛隊の協調態勢作りが目的だったという。

Kull-na Shuraka', July 2, 2015

Kull-na Shuraka’, July 2, 2015

AFP, July 2, 2015、AP, July 2, 2015、ARA News, July 2, 2015、Champress, July 2, 2015、al-Hayat, July 3, 2015、Iraqi News, July 2, 2015、Kull-na Shuraka’, July 2, 2015、al-Mada Press, July 2, 2015、Naharnet, July 2, 2015、NNA, July 2, 2015、Reuters, July 2, 2015、SANA, July 2, 2015、UPI, July 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク