シリア軍がアレッポ市北部、ハマー県北部、ラタキア県北部の町村を制圧(2015年10月12日)

軍武装部隊総司令部は声明を出し、シリア軍がアレッポ市北部の自由貿易地区、およびハマー県とラタキア県の13町村を制圧したと発表した。

制圧が発表されたのは、アレッポ県北部自由貿易地区、ハマー県カフルヌブーダ町、アトシャーン村、クバイバート・アースィー村、マアルキバ村、ウンム・ハーラタイン、サキーク村、サキーク丘、サフル丘、バフサ村、ラタキア県のジュッブ・アフマル村、カフルダブラ村、カタフ・ジャウラトバッティーフ丘、ルワイサト・ハンダク・ジャームー村。

**

ハマー県では、SANA(10月12日付)によると、シリア軍が県北部のマンスーラ村、西ラハーヤー村、東ラハーヤー村を、ファトフ軍と交戦の末に完全制圧した。

シリア軍はまた、タンミヤ地区で、反体制武装集団の車列を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、ロシア軍によるカフルヌブーダ町一帯への空爆と並行して、シリア軍が制圧した同町一帯、アトシャーン村一帯などで、シリア軍、ヒズブッラー、国防隊とジハード主義武装集団が交戦した。

これに対して、ジハード主義武装集団はアトシャーン村を砲撃する一方、シリア軍はマンスーラ村、タッル・ワースィト村一帯が空爆を受けた。

**

アレッポ県では、SANA(10月12日付)によると、アレッポ市ライラムーン地区、バニー・ザイド地区、ラーシディーン地区、シャイフ・ハドル地区、ハーン・アサル村で反体制武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(10月12日付)によると、シリア軍がタルビーサ市で反体制武装集団の車輌を攻撃した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(10月12日付)によると、シリア軍がカラムーン地方無人地帯を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(10月12日付)によると、シリア軍がダルアー市バジャービジャ地区、アバーズィード地区、Syriatelビル南部一帯、マンシヤ地区、アトマーン村で、反体制武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またマハッジャ村では、人民防衛諸集団がシャームの民のヌスラ戦線と交戦し、戦闘員を殲滅した。

AFP, October 12, 2015、AP, October 12, 2015、ARA News, October 12, 2015、Champress, October 12, 2015、al-Hayat, October 13, 2015、Iraqi News, October 12, 2015、Kull-na Shuraka’, October 12, 2015、al-Mada Press, October 12, 2015、Naharnet, October 12, 2015、NNA, October 12, 2015、Reuters, October 12, 2015、SANA, October 12, 2015、UPI, October 12, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク