トルコのダウトオール首相「シリア政府、ダーイシュ、PYDは対トルコ国境を分割するために調整している」(2015年10月15日)

トルコのアフメト・ダウトオール首相は、トルコの民放テレビ局(Show TV)のインタビューで、シリア情勢に関して「シリア政府とダーイシュ(イスラーム国)、そして民主連合党の間で、シリアの反体制革命勢力に打撃を与え、トルコ・シリア国境を分割するための調整がなされている」と持論を展開した。

ダウトオール首相はまた「シリア政府はダーイシュのために自らの軍を撤退させ…、ダーイシュがこれにとって代わる一方、ダーイシュは、民主連合党のためにシリア北部のタッル・アブヤドから撤退した」と主張した。

ARA News(10月15日付)などが伝えた。

AFP, October 15, 2015、AP, October 15, 2015、ARA News, October 15, 2015、Champress, October 15, 2015、al-Hayat, October 16, 2015、Iraqi News, October 15, 2015、Kull-na Shuraka’, October 15, 2015、al-Mada Press, October 15, 2015、Naharnet, October 15, 2015、NNA, October 15, 2015、Reuters, October 15, 2015、SANA, October 15, 2015、UPI, October 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク