オバマ米大統領「ロシアとは偶発的衝突を回避する以外の見解の一致はない」(2015年10月17日)

バラク・オバマ米大統領は、韓国の朴槿恵大統領との会談後の記者会見で、シリア情勢をめぐってロシアと見解の一致に達しているのが、シリア領空での偶発的衝突を回避することだけで、紛争解決をめぐる原則、戦略に関しては意見が対立したままだと述べた。

オバマ大統領は「戦略に関して歩み寄りは見られていない…。プーチン大統領は5年にわたって彼が続けていること、すなわちアサド政権の支援を続ければ、問題が解決されるだろう」と述べた。

AFP, October 17, 2015、AP, October 17, 2015、ARA News, October 17, 2015、Champress, October 17, 2015、al-Hayat, October 18, 2015、Iraqi News, October 17, 2015、Kull-na Shuraka’, October 17, 2015、al-Mada Press, October 17, 2015、Naharnet, October 17, 2015、NNA, October 17, 2015、Reuters, October 17, 2015、SANA, October 17, 2015、UPI, October 17, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク