YPG(主導のシリア民主軍)とアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動がアレッポ県のアフリーン市一帯およびアレッポ市シャイフ・マクスード地区で戦闘を続ける(2015年11月30日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(11月30日付)がタッル・リフアト市の活動家の話として、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊がマリーミーン村でのシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団との戦闘で、住民13人を殺害したと伝えた。

一方、アフリーン氏一帯での戦闘に関して、自由シリア軍マーリア作戦司令室はビデオ声明を出し、「ムジャーヒディーン」(ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動など)が、シリア民主軍が制圧していたカシュタアール村、タナブ村、アナブ村、ブラーシュ村、シャワーリガ村、穀物サイロ地区を奪還した、と発表した。

また、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍所属部隊の革命家軍に対して、人民保護部隊との連携を解消するよう呼びかけた。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市シャイフ・マクスード地区で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊とジハード主義武装集団が交戦を続けた。

ARA News(11月30日付)によると、この戦闘でシャイフ・アフマド地区住民5人が負傷した。

AFP, November 30, 2015、AP, November 30, 2015、ARA News, November 30, 2015、Champress, November 30, 2015、al-Hayat, December 1, 2015、Iraqi News, November 30, 2015、Kull-na Shuraka’, November 30, 2015、al-Mada Press, November 30, 2015、Naharnet, November 30, 2015、NNA, November 30, 2015、Reuters, November 30, 2015、SANA, November 30, 2015、UPI, November 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク