シリア軍がアル=カーイダ系組織などイスラーム過激派との戦闘の末、ダマスカス郊外県の激戦地マルジュ・スルターン村一帯とハマー県北部の2カ村を制圧(2015年12月14日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、マルジュ・スルターン村、マルジュ・スルターン航空基地および予備飛行場一帯を占拠していた反体制武装集団が、シリア軍の激しい空爆・砲撃を受けて撤退、シリア軍が3年ぶりに同地を奪還した。

ARA News, December 14, 2015

ARA News, December 14, 2015

シリア軍はまた、ドゥーマー市一帯に「樽爆弾」25発を投下するとともに同地を空爆、またナシャービーヤ町に対しても4回にわたり空爆を行った。

さらにハラスター市に対しても砲撃を加えた。

一方、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がマルジュ・スルターン村一帯でイスラーム軍、シャームの民のヌスラ戦線、アジュナード・シャーム・イスラーム連合などからなるジハード主義武装集団を掃討、同村および周辺の農場地帯、マルジュ・スルターン航空基地、フーシュ・アドマル村、ビラーリーヤ村南部の農場地帯をほぼ完全に制圧した。

シリア軍はまた、マルジュ・スルターン村とハラスター市を結ぶ反体制武装集団の兵站路を遮断、ザブディーン村、ダイル・アサーフィール市農場地帯、アルバイン市、ザマルカー町、ハムーリーヤ市、カフルバトナー町、ドゥーマー市郊外(アーリヤ農場など)で反体制武装集団の拠点を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にあるサルハブ市、ムハルダ市に対して、ジハード主義武装集団が無差別砲撃を加えた。

これに対してシリア軍は、ブワイダ村、マサースィナ村でジュンド・アクサー機構などからなるジハード主義武装集団を掃討し、同地を制圧した。

この戦闘では、ジハード主義武装集団22人(うち6人が外国人)、シリア軍兵士・国防隊隊員9人が死亡したという。

また、ロシア軍と思われる戦闘機がラターミナ町、ハウワーシュ村を空爆した。

一方、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がブワイダ村、マサースィナ村、ザリーン村、マフルーカ村、ズール村、ズラーキーヤート村でファトフ軍と交戦し、戦闘員100人以上を殲滅、車輌などを破壊した。

シリア軍はまた、ラターミナ町、ザカート村、ラハーヤー村、マアルカバ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ナスル軍はインターネットを通じて声明を出し、ハマー県で活動するスムード戦線に参加すると発表した。

**

アレッポ県では、シャームの民のヌスラ戦線が、広報用ツイッター・アカウントの一つ「アレッポ特派員」を通じて、アレッポ市南部郊外のバーニス村に突入しようとしたイラク人、イラン人民兵を要撃し、80人以上を殺害、大量の武器弾薬を捕獲したと発表し、その写真を公開した。

これに関して、シリア人権監視団も、過去2日間のバーニス村での戦闘で、ヒズブッラー戦闘員14人が死亡したと発表した。

『ハヤート』(12月15日付)によると、同地一帯は、ロシア軍と思われる戦闘機の航空支援を受けて、イラク人、イラン人民兵が攻勢をかけており、反体制武装集団は事実上撤退していたという。

なお、ロシア軍と思われる戦闘機は、アレッポ市ジャズマーティー地区を2度にわたり空爆、またシリア軍もアレッポ市ラーシディーン地区、マンスーラ村、ナイラブ航空基地一帯を空爆・砲撃した。

一方、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がアレッポ市サーフール地区、スライマーン・ハラビー地区、ライラムーン地区、アイン・バイダー村、カラースィー村、タッル・バージル村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団に対して特殊作戦を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、PFLP-GC民兵がヤルムーク区(パレスチナ難民キャンプ一帯)でジハード主義武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダルアー市各所、ズィムリーン村、サムリーン村を「樽爆弾」で空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタルビーサ市一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がスナイスィル村、マハッタ村一帯で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団が、ナビー・ユーヌス峰一帯、スルンファ町一帯のシリア軍拠点を砲撃した。

これに対して、シリア軍はトルクメン山一帯を砲撃、またクルド山(ヌーバ山一帯)で、国防隊、ヒズブッラー、アラブ系・アジア系外国人戦闘員とともに、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

**

イドリブ県では、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がサラーキブ市でシャームの民のヌスラ戦線、シリア革命家戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

スワイダー県では、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がワクム村、ダーマー村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(12月14日付)によると、シリア軍がダルアー市アバー・ズィード地区、マンシヤ地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, December 14, 2015、AP, December 14, 2015、ARA News, December 14, 2015、Champress, December 14, 2015、al-Durar al-Shamiya, December 14, 2015、al-Hayat, December 15, 2015、Iraqi News, December 14, 2015、Kull-na Shuraka’, December 14, 2015、al-Mada Press, December 14, 2015、Naharnet, December 14, 2015、NNA, December 14, 2015、Reuters, December 14, 2015、SANA, December 14, 2015、UPI, December 14, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク