アレッポ市東部のクワイリス軍事飛行場が復旧し、ダーイシュ、ヌスラ戦線などとの戦いにおける戦略的拠点としての機能を回復(2015年12月15日)

SANA(12月15日付)は、11月にシリア軍が包囲解除に成功したアレッポ県東部のクワイリス航空基地の復旧工事が完了し、ダーイシュ(イスラーム国)やシャームの民のヌスラ戦線などのテロ組織との戦いにおける戦略拠点としての機能を回復し、多数の航空機が配備されたと伝えた。

SANA, December 15, 2015

SANA, December 15, 2015


AFP, December 15, 2015、AP, December 15, 2015、ARA News, December 15, 2015、Champress, December 15, 2015、al-Hayat, December 16, 2015、Iraqi News, December 15, 2015、Kull-na Shuraka’, December 15, 2015、al-Mada Press, December 15, 2015、Naharnet, December 15, 2015、NNA, December 15, 2015、Reuters, December 15, 2015、SANA, December 15, 2015、UPI, December 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク