「穏健な反体制派」はロシアからの武器弾薬物資供与・支援を「嘘」だと全否定(2015年12月17日)

イドリブ県で活動する「北部師団」を名乗る武装集団のアスアド・ハンナー氏(政治局メンバー)や第13師団のアフマド・サウード報道官は、「ロシアはシリア軍と連携する自由シリア軍に武器弾薬物資を供与し、支援している」とのヴラジミール・プーチン大統領の発言(11日付)に関して、AFP(12月17日付)に対して「嘘」だと全否定した。

なお、「北部師団」は12月9日に、フルカーン・ハック旅団と第101師団が統合して結成した武装集団。

AFP, December 17, 2015、AP, December 17, 2015、ARA News, December 17, 2015、Champress, December 17, 2015、al-Hayat, December 18, 2015、Iraqi News, December 17, 2015、Kull-na Shuraka’, December 17, 2015、al-Mada Press, December 17, 2015、al-Mudun, December 9, 2015、Naharnet, December 17, 2015、NNA, December 17, 2015、Reuters, December 17, 2015、SANA, December 17, 2015、UPI, December 17, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク