米国がYPG主体のシリア民主軍所属のアラブ人武装勢力に新たに武器弾薬支援(2015年12月17日)

『ハヤート』(12月18日付)は、米国の複数の匿名高官の話として、米軍がシリア国内でダーイシュ(イスラーム国)と戦う反体制武装集団のうち、アラブ人武装勢力(西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍に参加する部族民兵)に対して新たに武器弾薬を供与したと伝えた。

同高官によると、この増援は数日前にシリア北東部で活動するアラブ人武装勢力に対して陸路で提供されたという。

AFP, December 17, 2015、AP, December 17, 2015、ARA News, December 17, 2015、Champress, December 17, 2015、al-Hayat, December 18, 2015、Iraqi News, December 17, 2015、Kull-na Shuraka’, December 17, 2015、al-Mada Press, December 17, 2015、Naharnet, December 17, 2015、NNA, December 17, 2015、Reuters, December 17, 2015、SANA, December 17, 2015、UPI, December 17, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク