ロシア軍は25~27日の3日間で164回出撃、シリア領内各所でダーイシュ(イスラーム国)など556の標的を攻撃(2015年12月28日)

ロシア国防省は、12月25日から27日までの3日間で、シリア駐留ロシア軍戦闘機が164回の出撃を行い、アレッポ県、イドリブ県、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、ラッカ県で、ダーイシュ(イスラーム国)など「テロリスト」の556の標的を空爆したと発表した。

また、ロシア軍戦闘機の支援を受け、シリア軍がアレッポ県、ラタキア県、ダマスカス郊外県で違法な武装集団に対する攻撃を継続し、大きな戦果がもたらされたと付言した。image002

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

mil.ru, December 28, 2015

 

AFP, December 28, 2015、AP, December 28, 2015、ARA News, December 28, 2015、Champress, December 28, 2015、al-Hayat, December 29, 2015、Iraqi News, December 28, 2015、Kull-na Shuraka’, December 28, 2015、al-Mada Press, December 28, 2015、Naharnet, December 28, 2015、NNA, December 28, 2015、Reuters, December 28, 2015、SANA, December 28, 2015、UPI, December 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク