シリア軍はアレッポ県東部、ダイル・ザウル県などでダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続ける(2016年2月11日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がクワイリス航空基地東部に位置するジュッブ・カルブ村近郊でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

またロシア軍と思われる戦闘機がバーブ市一帯を空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市内を空爆した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(2月11日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル航空基地の南に位置するサルダ山一帯に侵入したダーイシュ(イスラーム国)を撃退し、戦闘員20人以上を殲滅した。

また、「人民抵抗諸集団」(「東部地域人民抵抗」と思われる)は、イラク国境に近いブーカマール市の電力会社一帯でダーイシと交戦し、ュ戦闘員22人を殲滅した。

他方、ARA News(2月12日付)によると、ダイル・ザウル市内のガッサーン・アッブード交差点近くで、覆面をした武装集団がダーイシュ(イスラーム国)の宗教警察(ヒスバ)の車輌を襲撃し、乗っていたダーイシュ・メンバー全員(うち1人はアミール(司令官)を殺害した。

**

スワイダー県では、SANA(2月11日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、アシュハイブ丘一帯でダーイシュ(イスラーム国)の燃料貯蔵センターを攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 11, 2016、AP, February 11, 2016、ARA News, February 11, 2016、February 12, 2016、Champress, February 11, 2016、al-Hayat, February 12, 2016、Iraqi News, February 11, 2016、Kull-na Shuraka’, February 11, 2016、al-Mada Press, February 11, 2016、Naharnet, February 11, 2016、NNA, February 11, 2016、Reuters, February 11, 2016、SANA, February 11, 2016、UPI, February 11, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

 

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク