オランダ軍がシリア領内でダーイシュ(イスラーム国)に対する爆撃を初めて実施(2016年2月16日)

オランダ国防省は声明を出し、オランダ空軍のF-16戦闘機複数機がシリア領内でダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対する初の空爆を実施したと発表した。

空爆は米国主導の有志連合の枠内で実施され、「イラク領内およびシリア東部で約10の任務を遂行した」という。

AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク