YPG主体のシリア民主軍がハサカ県でダーイシュ(イスラーム国)掃討戦を再開、有志連合の空爆で民間人40人弱が死亡(2016年2月18日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍総司令部は、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つシャッダーディー市一帯(ハサカ県南東部)でのダーイシュ掃討に向けた「ハーブールの怒り」作戦を開始したと発表した。

**

ARA News(2月18日付)によると、シリア民主軍はまた、ハサカ市南部でも攻勢を激化、有志連合の航空支援を受け、ダイラーン村、スィーマールカー村、バッルーナ村、ダブシー村、ガイファーラー村、ウンム・バウジャ村、ムシャイリファ村、ウンム・タナク村、ハルバ村、マシュタル村、ミシュワール村を制圧した。

**

シリア人権監視団は、有志連合が16~17日にかけてハサカ県シャッダーディー市一帯で行った空爆により、民間人38人が死亡したと発表した。

ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるシャッダーディー市一帯での空爆は17日に実施され、市内のパン販売所が被弾、子供3人を含む15人が死亡した。

これに先だって、有志連合は16日に、シャッダーディー市で、17日にハサカ市南西部アブドゥルアズィーズ山に近いジャーイル村で空爆を実施し、20人以上が死亡したという。

なおシャッダーディー市一帯での空爆では、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員9人も死亡したという。

一方、クッルナー・シュラカー(2月18日付)は、マスアブ・ハーミディーを名乗る活動家の話として、ジャーイル村への空爆はロシア軍が行ったと伝えた。

AFP, February 18, 2016、AP, February 18, 2016、ARA News, February 18, 2016、Champress, February 18, 2016、al-Hayat, February 19, 2016、Iraqi News, February 18, 2016、Kull-na Shuraka’, February 18, 2016、al-Mada Press, February 18, 2016、Naharnet, February 18, 2016、NNA, February 18, 2016、Reuters, February 18, 2016、SANA, February 18, 2016、UPI, February 18, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク