米国がSDGTに指定するジュンド・アクサー機構などからなる反体制武装集団がハマー県北部のアラウィー派の村を制圧(2016年9月24日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、県北部のマアーン村一帯で、ジュンド・アクサー機構などからなる反体制武装集団がシリア軍、親政権民兵に対して攻勢を強め、シリア軍の拠点を砲撃、同村の大部分を制圧した。

マアーン村の住民の大部分はアラウィー派。

ジュンド・アクサー機構は米国が9日に「特別指定国際テロリスト」(Specially Designated Global Terrorists、SDGT)している。

これに対して、戦闘機(所属明示せず)がまたムーリク市一帯、シャフシャブー山のカルカート村一帯でジハード主義武装集団の拠点を激しく空爆、これに対して、ジハード主義武装集団は、ハマー航空基地一帯、マルユード村、マブタン村などシリア政府支配下の村を砲撃した。

一方、SANA(9月24日付)によると、シリア軍がカッラーフ村、マアーン村一帯、カッバーリーヤ村でファトフ軍と交戦した。

AFP, September 24, 2016、AP, September 24, 2016、ARA News, September 24, 2016、Champress, September 24, 2016、al-Hayat, September 25, 2016、Iraqi News, September 24, 2016、Kull-na Shuraka’, September 24, 2016、al-Mada Press, September 24, 2016、Naharnet, September 24, 2016、NNA, September 24, 2016、Reuters, September 24, 2016、SANA, September 24, 2016、UPI, September 24, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク