トルコのチャヴシュオール外務大臣「我々が停戦を止められなければ、アスタナ会議は失敗する」(2017年1月4日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はテレビ演説を行い、トルコ軍の全面支援のもとハワール・キッリス作戦司令室が続行する「ユーフラテスの盾」作戦実施地域であるアレッポ県北部ユーフラテス川以西の地域から、ダーイシュ(イスラーム国)と西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊(YPG)を浄化する意思を改めて表明した。

一方、アナトリア通信(1月5日付)が伝えたところによると、メヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、トルコはロシアとともに、シリア国内での停戦に違反した者に対して制裁を加えると述べたうえで、「我々が増え続ける停戦違反を止めることができなければ、アスタナでの交渉は失敗するだろう」と警鐘を鳴らした。

そのうえで、「我々は、シリア国内での停戦違反が、レバノンのヒズブッラー、シーア派民兵、シリア政府軍によるものだと見ている」と断じ、「イランは信頼を示し、シーア派民兵とシリア政府に圧力をかけるべきだ」と非難した。

AFP, January 4, 2017、Anadolu Ajansı, January 4, 2017、AP, January 4, 2017、ARA News, January 4, 2017、Champress, January 4, 2017、al-Hayat, January 5, 2017、Iraqi News, January 4, 2017、Kull-na Shuraka’, January 4, 2017、al-Mada Press, January 4, 2017、Naharnet, January 4, 2017、NNA, January 4, 2017、Reuters, January 4, 2017、SANA, January 4, 2017、UPI, January 4, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク