反体制武装集団が退去したアレッポ市東部ハナーヌー地区に住民2,200人が帰宅(2017年1月4日)

アレッポ県では、ロイター(1月4日付)によると、シリア軍による解放後、地雷・爆発物撤去作業が行われていたアレッポ市東部の住民数千人が同地への帰宅を開始した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐シリア事務所のサージド・マーリク代表によると、帰宅したのは、ハナーヌー地区の住民約2,200人。

AFP, January 4, 2017、AP, January 4, 2017、ARA News, January 4, 2017、Champress, January 4, 2017、al-Hayat, January 5, 2017、Iraqi News, January 4, 2017、Kull-na Shuraka’, January 4, 2017、al-Mada Press, January 4, 2017、Naharnet, January 4, 2017、NNA, January 4, 2017、Reuters, January 4, 2017、SANA, January 4, 2017、UPI, January 4, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク