シリア政府の動き」カテゴリーアーカイブ

親トルコのアフラール軍がハマー県スカイラビーヤ市近郊のシリア軍検問所を攻撃し、7人を殺害(2019年3月9日)

ハマー県では、トルコの庇護を受ける国民解放戦線に所属するアフラール軍(自由人軍)が声明を出し、スカイラビーヤ市近郊にあるシリア軍の検問所を攻撃し、将兵7人を殺害したと発表した。 攻撃は、ガーブ平原一帯に対するシリア軍の砲 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はバアス党革命記念日を祝う(2019年3月8日)

シリア軍武装部隊はバアス革命(1963年3月8日)56周年を記念して、各地で祝典を行ったと伝え、その映像や写真を公開した。 SANA(3月8日付)が伝えた。 AFP, March 8, 2019、ANHA, March … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ・ロシア両軍の非武装地帯でパトロール活動開始にもかかわらず、シリア軍と反体制武装集団はハマー県、イドリブ県で交戦を続ける(2019年3月8日)

ハマー県では、SANA(3月8日付)によると、イドリブ県南部を拠点とする反体制武装集団がムハルダ市とその一帯を砲撃、砲弾9発が住宅街などに着弾した。 これに対して、シリア軍はサルマーニーヤ村、ドゥワイル・アクラード村一帯 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア外務省は、昨年4月の東グータ地方での化学兵器使用疑惑事件にかかるOPCWの最終報告書を「捏造」と非難、拒否すると表明(2019年3月7日)

シリアの外務在外居住者省は公式報道官を通じて声明を出し、2018年4月7日にダマスカス郊外県東グータ地方で発生した化学兵器使用疑惑事件に関する化学兵器禁止機関(OPCW)の最終報告書(S/1731/2019、2019年3 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県でシャーム解放機構などと交戦、反体制派はアレッポ市南東部を砲撃(2019年3月7日)

ハマー県では、SANA(3月7日付)によると、フワイズ村一帯からシリア政府支配地域に潜入しようとした反体制武装集団をシリア軍が迎撃した。 また、タイバト・イマーム市では反体制武装集団によって敷設された地雷に住民が触れて爆 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県ではシリア軍の砲撃で2人が、ハマー県では反体制派の砲撃で1人が死亡(2019年3月6日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月6日付)によると、シリア軍がナイラブ村をクラスター弾で砲撃し、子供1人が死亡、住民8人が負傷した。 またシリア軍はハーン・スブル村に対しても砲撃を行い、女性1人が死亡、多数が負 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県、イドリブ県、ハマー県、ラタキア県でシャーム解放機構とシリア軍が砲撃戦(2019年3月5日)

アレッポ県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(3月5日付)によると、シャーム解放機構が県南部のフワイズ丘、ジャムイーヤート丘にあるシリア軍の拠点を砲撃した。 一方、SANA(3月5日付)によると、ハナースィル市南 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ハマー県に設置されているトルコ軍監視所の近くにシリア軍が撃った砲弾が着弾(2019年3月4日)

ハマー県では、アラビーヤ・チャンネル(3月4日付)などによると、県内に設置されているトルコ軍の監視所1カ所がシリア軍の砲撃を受けた。 ドゥラル・シャーミーヤ(3月4日付)によると、砲撃を受けたのはムーリク市にあるトルコ軍 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

サッバーグ人民議会議長がアラブ連盟傘下のアラブ議会連盟大会に出席「シリアはアラブのために勝利し、新たな世界秩序形成のきっかけを作る」(2019年3月3日)

ハムーダ・サッバーグ人民議会議長はヨルダンの首都アンマンで開催されたアラブ連盟傘下のアラブ議会連盟の第29回大会に出席した。 シリア政府の高官がアラブ連盟関連の会議に参加するのは、連盟加盟資格を停止された2011年以降初 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アル=カーイダ系のアンサール・タウヒードがハマー県北部のシリア軍拠点に対して特攻攻撃を敢行、20人以上が死亡、ラタキア県でもシリアのアル=カーイダが特攻攻撃(2019年3月3日)

ハマー県では、SANA(3月3日付)によると、反体制武装集団が3日未明、マサースィナ村にいたるシリア軍の拠点を攻撃し、爆発が発生した。 これに対してシリア軍は畜産農場地区、(東)ズール・ヒーサ村、マアリーン村にある反体制 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

サッバーグ人民議会議長は2011年の加盟資格停止処分以降初めてアラブ連盟の会議に出席するためヨルダン入り(2019年3月2日)

ハムーダ・サッバーグ人民議会議長、3日にヨルダンの首都アンマンで開催されるアラブ議会連盟第29回定例会合に参加するため、同国を訪問、アーティフ・タラーウィナ国会議長の出迎えを受けた。 シリア政府首脳がアラブ連盟の会議に出 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はハマー県でシャーム解放機構と交戦(2019年3月2日)

ハマー県では、SANA(3月2日付)によると、シリア軍が、フワイズ村にあるシャーム解放機構の拠点複数カ所を砲撃した。 砲撃は、シャーム解放機構が県北部のシリア軍拠点を砲撃したことを受けた対抗措置だという。 シリア軍はまた … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア民主評議会高官「シリア領内の外国部隊の撤退についてロシアと協議する用意がある」(2019年3月1日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の在米ワシントンDC代表のバッサーム・イスハク氏なリア・ノヴォースチ通信(3月2日付)に対して、シリア領内の外国部隊の撤退についてロシアと協議する用意 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表「YPGではなく、シリアのクルド人が政治プロセスの当事者だ」(2019年3月1日)

ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は、シリア情勢への対応を協議する国連安全保障理事会での会合後、記者団の質問に対して、「クルド人はシリアの危機解決に向けた政治プロセスの当事者なのであって、人民防衛隊(YPG) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍と反体制派はハマー県で砲撃戦(2019年3月1日)

ハマー県では、SANA(3月1日付)によると、反体制武装集団がムハルダ市、スーラーン町、マフルーサ村、ナーウーラ・シャトハ村、バッザーム丘を砲撃し、住民2人が負傷した。 これに対して、シリア軍はスーラーン町・ムーリク市間 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア外務在外居住者省は3月1日に米占領地経由でルクバーン・キャンプに「人道移送団」を派遣するのを控えて、難民帰還を歓迎し、安全な帰還に向け全責任を負う用意があると発表(2019年2月28日)

外務在外居住者省の高官筋は、シリアがロシア、国連、ヨルダンの協力のもと、米国が違法占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)を経由してヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに難民を帰還させるための「人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

レバノン日刊紙:アサド大統領のイラン訪問は外交儀礼上の準備なく行われ、ロウハーニー大統領も知らされていなかった(2019年2月27日)

シリア政府寄りのレバノン日刊紙『アフバール』(2月27日付)は、25日のアサド大統領によるイランへの訪問が、「何らの外交儀礼上の準備もなく行われた」と伝えた。 同紙によると、アサド大統領の訪問は、安全対策上の理由でシリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍と反体制武装集団がハマー県で砲撃戦(2019年2月27日)

ハマー県では、SANA(2月27日付)によると、ラターミナ町、カフルズィーター市一帯で活動する反体制武装集団がムハルダ市の火力発電所を砲撃した。 これに対して、シリア軍はラターミナ町、カフルズィーター市一帯の反体制武装集 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がイドリブ県を爆撃、反体制派は無人航空機での攻撃を試みる一方、新興のアル=カーイダ系組織、シリアのアル=カーイダ、トルコの庇護を受けるアル=カーイダ系組織が反撃(2019年2月26日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハーン・シャイフーン市、サラーキブ市を爆撃し、複数が負傷した。 ドゥラル・シャーミーヤ(2月26日付)によると、ハーン・シャイフーン市に対するシリア軍の攻撃で女性1人が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ラフムーン内務大臣はアレッポ市でもっとも有名なシャッビーハとの接触禁止を関係機関に通達(2019年2月25日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月25日付)が複数の活動家の情報として伝えたところによると、ムハンマド・ハーリド・ラフムーン内務大臣は、アレッポ市でもっとも知られている「シャッビーハ」のアブー・アリー・ミグワール氏(本名フドル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする