シリア政府の動き」カテゴリーアーカイブ

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で120人、北・東シリア自治局支配地域で241人(2021年4月7日)

保健省は新たに120人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者115人が完治し、10人が死亡したと発表した。 これにより、4月7日現在のシリア国内での感染者数は計19,761人、うち死亡したのは1,342人、回 … Read More

ロシア軍戦闘機が前日に続いて、「決戦」作戦司令室諸派の拠点が散在するイドリブ県ブサンクール村の灌木地帯を2度にわたって爆撃(2021年4月7日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が前日に続いて、「決戦」作戦司令室諸派の拠点が散在するブサンクール村の灌木地帯を2度にわたって爆撃した。 ドゥラル・シャーミーヤ(4月7日付)によると、爆撃はM4高 … Read More

ハマー県東部でダーイシュがカムア(トリュフの一種)を採取する住民を襲撃、3人を殺害、多数を負傷させ、拉致(2021年4月6日)

ハマー県では、SANA(4月6日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の残党が、県東部のサラミーヤ市の東にあるトゥワイズィーン・ダム近くでカムア(トリュフの一種)を採取していた住民を襲撃し、2人を殺害、多数を負傷させ、 … Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で115人、北・東シリア自治局支配地域で279人(2021年4月6日)

保健省は新たに115人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者118人が完治し、9人が死亡したと発表した。 これにより、4月6日現在のシリア国内での感染者数は計19,641人、うち死亡したのは1,332人、回復 … Read More

ロシア軍戦闘機が「決戦」作戦司令室の支配下にあるイドリブ県西部のブサンクール村の灌木地帯を空対地ミサイルやクラスター弾で爆撃(2021年4月6日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が、「決戦」作戦司令室の支配下にある県西部のブサンクール村の灌木地帯を空対地ミサイルやクラスター弾で爆撃した。 「決戦」作戦司令室は、シリアのアル=カーイダであるシ … Read More

ロシア軍戦闘機とシリア軍ヘリコプターがラッカ県とハマー県の県境の砂漠地帯でダーイシュを狙って爆撃(2021年4月5日)

シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が、ラッカ県タブカ市とハマー県イスリヤー村を結ぶ街道沿線でダーイシュ(イスラーム国)を狙って90回あまりの爆撃を実施した。 また、シリア軍ヘリコプターも同地に8発の「樽爆弾」を投下 … Read More

石油鉱物資源省は声明を出し、明日4月6日から、SMSを使用した新たなガソリン販売システムを導入すると発表(2021年4月5日)

石油鉱物資源省は声明を出し、明日4月6日から、SMSを使用した新たなガソリン販売システムを導入すると発表した。 新システムは、SMSを通じて、ガソリンを購入できる販売所についての詳細情報を、メッセージの有効期間(購入可能 … Read More

ダイル・ザウル県は新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、葬儀場、結婚式場を閉鎖、喫茶店、シーシャ・カフェ、レストランの営業を停止することを決定(2021年4月5日)

ダイル・ザウル県は、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、追って通知があるまでの期間、葬儀場、結婚式場を閉鎖、喫茶店、シーシャ・カフェ、レストランの営業を停止することを決定した。 SANA(4月5日付)が伝えた。 AFP … Read More

シャーム解放機構の治安部隊がイドリブ県ジスル・シュグール市近郊で新興のアル=カーイダ系組織の一つフッラース・ディーン機構の外国人メンバー6人を拘束(2021年4月5日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構の治安部隊が、ジスル・シュグール市近郊のカニーヤ村、ハマーマ村、ヤアクービーヤ村で、新興のアル=カーイダ系組織の一つフッラース・ディーン機構の外国人メンバー6人を … Read More

シリア政府支配地域での新型コロナウイルスの新規感染者は122人(2021年4月6日)

保健省は新たに122人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者111人が完治し、10人が死亡したと発表した。 これにより、4月5日現在のシリア国内での感染者数は計19,526人、うち死亡したのは1,323人、回 … Read More

ダルアー県内各地のモスクから、拡声器を通じてシリア政府との和解に応じた若者の兵役を1年間免除する決定がなされたと告知(2021年4月4日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にある各地のモスクから拡声器を通じて、シリア政府との和解に応じた若者の兵役を1年間免除する決定がなされたとの告知がなされた。 兵役免除の対象は、和解を証明する身 … Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で120人、北・東シリア自治局支配地域で105人(2021年4月4日)

保健省は新たに120人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者115人が完治し、14人が死亡したと発表した。 これにより、4月4日現在のシリア国内での感染者数は計19,404人、うち死亡したのは1,313人、回 … Read More

シリア軍とイラン・イスラーム革命防衛隊が「イランの民兵」の一部をシリア軍に統合することを合意(2021年4月3日)

ダイル・ザウル24(4月3日付)は、独自筋から得た情報として、シリア軍とイラン・イスラーム革命防衛隊の間で「イランの民兵」の一部をシリア軍に統合することが合意されたと伝えた。 同筋によると、「イランの民兵」は、メンバーに … Read More

シリア軍、クドス旅団がダイル・ザウル県で掃討作戦を続けるなか、ロシア軍が爆撃を実施(2021年4月3日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とパレスチナ人からなるクドス旅団などの民兵が、シリア政府の支配下にあるマヤーディーン市近郊の砂漠地帯(ファイダト・ブン・ムワイニア地区)でダーイシュ(イスラーム国) … Read More

外務在外居住者省は米国務省による「2020年版国別人権報告書」発表を受け、米国を「世界最大の人権侵害国」と非難(2021年4月3日)

外務在外居住者省は声明を出し、米国務省が「2020年版国別人権報告書」を発表したことに関して、世界の国々で侵害が行われているとのウソを含んでおり、シリアに関する言いがかりのすべては、この地域と世界におけるテロ組織、その支 … Read More

北・東シリア自治局は4月6日から12日までの1週間、シリア政府との共同統治下にあるカーミシュリー市、ハサカ市、ラッカ市で部分的な外出・移動規制を行うと発表、政府(情報省)はこれを否定(2021年4月3日)

北・東シリア自治局の執行評議会(ビーリーファーン・ハーリド、アブドゥルマフバーシュ合同議長、ラッカ県アイン・イーサー市)は決定第84号を発出し、支配地域内で新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあることを受けて、4月6日 … Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で120人、北・東シリア自治局支配地域で73人(2021年4月3日)

保健省は新たに120人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者113人が完治し、11人が死亡したと発表した。 これにより、4月3日現在のシリア国内での感染者数は計19,284人、うち死亡したのは1,299人、回 … Read More

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が砲撃戦(2021年4月3日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、「決戦」作戦司令室がシリア政府の支配下にあるダール・カビーラ村一帯を砲撃した。 「決戦」作戦司令室は、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構とトルコの庇護を受ける国民解放戦 … Read More