日別アーカイブ: 2014年9月11日

イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き:イスラーム過激派(自由シリア軍)とダーイシュがダマスカスで初の停戦(2014年9月11日追記)

シリア人権監視団は、ダマスカス郊外県ハジャル・アスワド市で潜伏・活動するダーイシュ(イスラーム国)と反体制ジハード主義武装集団が11日、停戦合意を結んだと発表した。 停戦合意は、①戦闘の停止、②民間人、戦闘員双方への背教 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アレッポでシリア軍と反体制武装集団が捕虜交換(2014年9月11日追記)

アレッポ県では、ARA News(9月12日付)によると、アレッポ市カラージュ・ハジャズ通行所(ブスターン・カスル地区・マシャーリカ地区間)でシリア軍と反体制武装集団が捕虜交換を行った。 捕虜交換では、シリア軍のワッダー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア政府の動き:国際的同盟がテロ撲滅を目的とするのであれば参加する(2014年9月11日追記)

ブサイナ・シャアバーン大統領府政治報道補佐官はマヤーディーン(9月12日付)に、ダーイシュ(イスラーム国)掃討を目指す米国の動きを「テロ撲滅ではなく、「再問題化」で…バラク・オバマ米大統領の戦略には曖昧な点が多い」と批判 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア反体制勢力の動き:デミストゥラ共同特別代表が国内の反体制組織代表と会談(2014年9月11日追記)

ダマスカスを訪問中のスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表は滞在先のシェラトン・ホテルで、民主的変革諸勢力国民調整委員会使節団と会談した。 同委員会が発表した。 使節団は、ハサン・アブドゥルア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

諸外国の動き:オバマ大統領演説への反応(2014年9月11日)

国連のステファン・デュジャリック報道官(潘基文事務総長付報道官)は、10日のバラク・オバマ米大統領の演説に関して、「ダーイシュ(イスラーム国)への強迫は…国際社会の支援のもとでなされねばならないし、そうすることで歓迎され … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年9月11日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)が制圧するバーブ市に対して、シリア軍が6回にわたり空爆を行い、標的となった市場などで住民11人が死亡、17人が負傷した。 同監視団によると、バーブ市では … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノンの動き:シリア人避難民キャンプ設営の動き(2014年9月11日)

ラシード・ディルバース社会問題大臣はAFP(9月11日付)に、レバノン政府が対シリア国境地帯の2カ所にシリア人避難民キャンプに設置することを決定し、その準備を進めていると語った。 ディルバース社会問題大臣によると、シリア … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シリア国内の暴力:ヌスラ戦線がUNDOF隊員を解放(2014年9月11日)

『ハヤート』(9月12日付)は、クナイトラ県ゴラン高原の非武装地帯で8月28日にシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団に拘束されていたUNDOFフィージー軍部隊隊員(45人)が解放された、と伝えた。 またSA … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府の動き:米国によるシリア空爆は敵対行為(2014年9月11日)

アサド大統領はダマスカス訪問中のスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表と会談した。 アサド大統領は会談で、シリアおよび中東地域の現状のなかでテロとの戦いが最優先課題になったと指摘し、テロがシリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア反体制勢力の動き:オバマ大統領演説への賛否両論(2014年9月11日)

自由シリア軍創設者のリヤード・アスアド大佐(トルコ在住)は、10日のバラク・オバマ米大統領の演説に関して、「自由シリア軍はバッシャール・アサド政権を倒すためだけに米国と協力するだろう」と述べ、ダーイシュ(イスラーム国)掃 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする