日別アーカイブ: 2014年10月9日

諸外国の動き:米国、トルコ・シリア国境での緩衝地帯設置に消極的(2014年10月9日追記)

トニー・ブリンケン米大統領次席補佐官(国家安全保障問題担当)は訪問先のロンドンで、シリア・トルコ国境での緩衝地帯設置について「関心事となっていない」と述べ、消極的な姿勢を示した。 AFP, October 10, 201 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

諸外国の動き:NATO、シリア・トルコ国境地帯の「緩衝地帯」設置検討せず(2014年10月9日)

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、トルコ首都アンカラを訪問し、トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣と会談、ダーイシュ(イスラーム国)への対応について協議した。 会談後、ストルテンベルグ事務総長は記者 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米軍などによるシリア空爆(2014年10月9日)

米中央軍司令部は声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)が侵入したアレッポ県アイン・アラブ市に対して5度にわたって空爆を行ったと発表した。 8日晩から9日未明にかけての空爆では、ダーイシュの訓練センター、建物1棟、車輌2大 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アイン・アラブでの攻防続く(2014年10月9日)

アレッポ県では、『ハヤート』(10月10日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)はアイン・アラブ市の3分の1を制圧した。 シリア人権監視団によると、ダーイシュは9日未明の西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊との戦闘 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

シリア政府の動き:外務副大臣が仏大統領の姿勢を批判(2014年10月9日)

シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、フランス大統領府によるシリア・トルコ国境地帯での緩衝地帯設置支持声明に関して「もっとも激しい調子で非難する…。フランスによるこうしたトルコ支援は、シリアへの敵対行為だ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする