日別アーカイブ: 2017年8月6日

シリアでの人権侵害を調査するための国際調査委員会メンバーのカルラ・デル・ポンテ女史が辞意表明(2017年8月6日)

シリアでの人権侵害を調査するための国際調査委員会のメンバーで前国際連合戦争犯罪主任検事のカルラ・デル・ポンテ女史は、スイス日刊紙のインタビューに応じ、そのなかで「私は苛立っている。降参しました! 辞表を書きて、数日中に提 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣「イドリブでの緊張緩和地帯設置は容易でなく、情勢はより複雑だ」(2017年8月6日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣はASEAN外相会議に出席するために訪問中のフィリピンの首都マニラで、米国のレックス・ティラーソン国務長官と会談した。 『ハヤート』(8月7日付)などによると、会談では、米国によるロシア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県北部で、YPG主体のシリア民主軍がトルコ軍およびその支援を受ける「家の者たち」作戦司令室と激しく交戦(2017年8月6日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月6日付)によると、トルコ軍の支援を受ける「家の者たち」作戦司令室(ハワール・キッリス作戦司令室)の支配下にあるマーリア市、カルジャブリーン村一帯で、西クルディスタン移行期民政局 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がダーイシュとの戦闘の末にヒムス県東部の要衝スフナ市を制圧か?(2017年8月6日)

ヒムス県では、SANA(8月6日付)によると、シリア軍が県東部のマヌーフ村東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する追撃・掃討作戦を継続し、拠点5カ所を制圧した。 一方、シャームFM(8月6日付)、ディマスク・アーン(8月 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はアレッポ県のハイヤーン町、アンダーン市一帯を砲撃(2017年8月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハイヤーン町、アンダーン市一帯を砲撃した。 ** クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハミーディーヤ村各所を砲撃した。 AFP, August 6, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア観光省:2017年上半期の外国人旅行客数は前年比で25%増(2017年8月6日)

シリアの観光省は、2017年1月から6月までにシリア国内を訪れた外国人観光客の数が53万人に達したと発表した。 この数は2016年の上半期との比較で25%増だという。 SANA(8月6日付)が伝えた。 AFP, Augu … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア外務省は国連に有志連合の即時解体を要求(2017年8月6日)

シリアの外務在外居住者省は国連事務総長と安保理議長宛に書簡を送り、米国主導の有志連合を即時解体するよう改めて要求した。 書簡において、外務在外居住者省は、有志連合が国際法に体系的に違反して、白リン弾を使用するなどしてシリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

マンビジュ市(アレッポ県)出身の元反体制武装集団メンバー78人が放免に(2017年8月6日)

アレッポ県では、SANA(8月6日付)によると、関係当局に投降していた元反体制武装集団メンバー78人(マンビジュ市一帯の出身者)が、2016年政令第15号に基づき恩赦を受け、バアス党アレッポ地域指導部での手続きを経て放免 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は6件の違反を確認(2017年8月6日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月6日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県3件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも6 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする