日別アーカイブ: 2017年8月2日

ダマスカス国際ブックフェアが4年ぶりに開幕し、シリア内外の出版社150社が参加、10万冊が展示(2017年8月2日)

ダマスカス県のアサド図書館で、第29回ダマスカス国際ブックフェアが2日から12日までの予定で開幕した。 ダマスカス国際ブックフェアは、「アラブの春」波及に伴う混乱のなかで2013年以降開催が見送られていた。 4年ぶりに開 … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

米国の支援を受けていた殉教者アフマド・アブドゥー軍団「我々は自由シリア軍で、有志連合ではない、アサド政権でいかなる指図も受けない」(2017年8月2日)

米国の支援を受け、ヒムス県タンフ国境通行所を拠点として活動を続ける「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室(自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室)を主導する殉教者アフマド・アブドゥー軍団は声 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ラフマーン軍団は東グータ地方のシャーム自由人イスラーム運動の武器を押収、シャーム解放委員会との共闘を非難(2017年8月2日)

アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動が声明を出し、シャーム解放委員会の排除を決意し、イスラーム軍との和解に踏み切ったラフマーン軍団が、ダマスカス県カーブーン区にあるシャーム自由人イスラーム運動の武器弾薬庫を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イスラーム軍とラフマーン軍団が東グータ地方での対立を解消、シャーム解放委員会排除で合意(2017年8月2日)

ダマスカス郊外県では、イスラーム軍がSNSのアカウントを通じて、東グータ地方で対立を続けてきたラフマーン軍団の代表と会合を開き、「グータの利益の資するいくつかの重要な点において合意に達した」と発表した。 シリア革命諸勢力 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ラトニー米国務省シリア問題担当特使「民政機関の背後に隠れるヌスラ戦線の計画はごまかしで、偽の顔」(2017年8月2日)

マイケル・ラトニー米国務省シリア問題担当特使は声明を出し、シャーム解放委員会が、その名称変更(シャームの民のヌスラ戦線、シャーム・ファトフ戦線からの名称変更)にもかかわらず、アル=カーイダの思想に依拠している、と批判した … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

マンビジュ市立法評議会は、シリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会への合流を可決(2017年8月2日)

アレッポ県では、ARA News(8月2日付)によると、マンビジュ市立法評議会が、ナズィーファ・ハッルー共同議長、ファールーク・マーシー共同議長、カースィム・ランムー副議長、アッザーブ・アッブード副議長ら評議員ほぼ全員が … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア南西部での米・ロシアの停戦合意を受けて結成されたシリア解放国民戦線が7組織を新たに吸収(2017年8月2日)

シリア南西部での米国とロシアの停戦合意を受けて7月22日に新たに結成されたシリア解放国民戦線は声明を出し、反体制武装集団7組織を新たに吸収統合したと発表した。 吸収統合されたのは、クナイトラ県で活動するラーヤ旅団、第1ア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

レバノンでヒズブッラーとシャーム解放委員会が捕虜交換(2017年8月2日)

レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャーム解放委員会の停戦合意に従い、レバノン国内(ルーミヤ刑務所)で収監されていたシリア人3人と、シャーム解放委員会が捕捉していたヒズブッラーの … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

米国の支援を受ける「土地は我らの者だ」作戦司令室はダマスカス郊外県東部砂漠地帯で支配地域を拡大したと発表(2017年8月2日)

ダマスカス郊外県では、米国の支援を受ける「土地は我らの者だ」作戦司令室(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派)の東部獅子軍が、県東部のマフルーサ地区(マフルーサ揚水所一帯)、ウンム・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

首都ダマスカスにあるロシア大使館などに迫撃砲弾が着弾、アレッポ市北部ではシャーム解放委員会がシリア軍拠点を急襲(2017年8月2日)

ダマスカス県では、SANA(8月2日付)によると、反体制武装集団が中心街に向かって迫撃砲17発を発車、うち5発がバーブ・トゥーマ地区に着弾し、住民13人が負傷した。 また砲弾9発はマズラア地区のロシア大使館近くに着弾し、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はラッカ県南東部のユーフラテス川右岸からダーイシュを掃討、マアダーン市に迫る(2017年8月2日)

ラッカ県では、SANA(8月2日付)によると、シリア軍が航空部隊の支援を受けて県南部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を続け、ユーフラテス川右岸(南岸)約30キロ、ハウィージャト・シャンナーン村、ラフビー村、サ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ラッカ市内でYPG主体のシリア民主軍とダーイシュの戦闘続く(2017年8月2日)

ラッカ県では、ARA News(8月2日付)、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市内のラウダ地区、ヒシャーム・ブン・アブドゥルマリク地区、バリード地区、ダルイーヤ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする