イドリブ市制圧をめざし反体制武装集団が「ファトフ軍」合同作戦司令室を設置(2015年3月24日)

イドリブ県で活動する複数の武装集団が、「ファトフ軍」の名で合同作戦司令室を設置し、イドリブ市の制圧、さらにはアサド政権打倒をめざすとする声明を発表した。

シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動らジハード主義武装集団によるイドリブ市制圧に向けた攻撃激化を受けた動きだと思われる。

クッルナー・シュラカー(3月24日付)が伝えた。

Kull-na Shuraka', March 24, 2015

Kull-na Shuraka’, March 24, 2015

AFP, March 24, 2015、AP, March 24, 2015、ARA News, March 24, 2015、Champress, March 24, 2015、al-Hayat, March 25, 2015、Iraqi News, March 24, 2015、Kull-na Shuraka’, March 24, 2015、al-Mada Press, March 24, 2015、Naharnet, March 24, 2015、NNA, March 24, 2015、Reuters, March 24, 2015、SANA, March 24, 2015、UPI, March 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク