ハサカ県カーミシュリー市で国防隊隊員ら2人殺害、遺族はアサーイシュの犯行と非難(2015年12月17日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、カーミシュリー市ハリージュ地区で、国防隊隊員1人を含む2人が殺害された。

殺害された2人の遺族は、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュが2人を狙って殺害したと主張しているという。

なお、カーミシュリー市では15~16日、アサーイシュ(ロージュ・アーヴァー・トラフィック)および人民防衛隊とシリア軍、治安機関、国防隊の間で緊張が高まっていた(http://syriaarabspring.info/?p=24954)。

AFP, December 17, 2015、AP, December 17, 2015、ARA News, December 17, 2015、Champress, December 17, 2015、al-Hayat, December 18, 2015、Iraqi News, December 17, 2015、Kull-na Shuraka’, December 17, 2015、al-Mada Press, December 17, 2015、Naharnet, December 17, 2015、NNA, December 17, 2015、Reuters, December 17, 2015、SANA, December 17, 2015、UPI, December 17, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク