ドイツ諜報機関がシリアの諜報機関(ムハーバラート)との協力関係を再開(2015年12月18日)

ドイツ日刊紙『ディ・ヴェルト』(12月18日付)は、複数の消息筋の話として、ドイツの諜報機関BND(連邦情報局)が、イスラーム過激派に関する情報を交換するため、シリアの諜報機関(ムハーバラート)との協力関係を再開したと伝えた。

同消息筋によると、BNDの高官が近く、シリアの首都ダマスカスを訪問する予定だという。

AFP, December 18, 2015、AP, December 18, 2015、ARA News, December 18, 2015、Champress, December 18, 2015、al-Hayat, December 19, 2015、Iraqi News, December 18, 2015、Kull-na Shuraka’, December 18, 2015、al-Mada Press, December 18, 2015、Naharnet, December 18, 2015、NNA, December 18, 2015、Reuters, December 18, 2015、SANA, December 18, 2015、UPI, December 18, 2015、Die Welt, December 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク