シリア軍、ロシア軍がアレッポ市東部でダーイシュ(イスラーム国)への攻勢を強め、ユーフラテス川方面に東進(2015年12月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機は、シリア軍とダーイシュが交戦を続けるアレッポ市東部のラスム・スィルハーン村、アッラーン村、アブー・ジャッバール村、タッル・ハッターバート村、ナッジャーラ村一帯に対して空爆を行った。

シリア軍はまた、シャルバア村、アイシャ村一帯、ナッジャーラ村一帯でダーイシュと交戦した。

一方、SANA(12月28日付)によると、シリア軍がマスィービーン丘、アーミリーヤ村、アイシャ村、ナッジャーラ村、大アブー・ジャッバーラ村、アイン・バイダー村、ラスム・アッブード村、タッル・アイユーブ村でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がタドムル市内およびその周辺の電力局一帯、カスル・ハイル学校一帯、工業地区などに対して少なくとも65回の空爆を行った。

またマヒーン町一帯、フワーリーン村一帯では、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と激しく交戦した。

一方、SANA(12月28日付)によると、シリア軍がムシャイリファ村、アブー・ジャリース村、ワーディー・ザカーラ一帯、ワーディー・アブヤド・ダム一帯、フーシュ・アブー・ファラジュ村、フワーリーン村、ハズム・ウンム・アイヤーシュ村、ウンク・ハワー村、ラスム・タウィール村、ウンム・リーシュ村、ウンム・サフリージュ村、マヒーン町一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がマヤーディーン市を空爆し、女性1人と子供1人が死亡した。

空爆はダーイシュ(イスラーム国)のハイル州(ダイル・ザウル県のこと)のワーリー(支配者)の事務所近くを中心に行われた。

一方、SANA(12月28日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市工業地区、ジャフラ村、マリーイーヤ村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(12月28日付)によると、シリア軍がトゥルール・ハムル村、ジュッブ・ライヤーン村、ラフジャーン村、ウカイリバート町東部でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, December 28, 2015、AP, December 28, 2015、ARA News, December 28, 2015、Champress, December 28, 2015、al-Hayat, December 29, 2015、Iraqi News, December 28, 2015、Kull-na Shuraka’, December 28, 2015、al-Mada Press, December 28, 2015、Naharnet, December 28, 2015、NNA, December 28, 2015、Reuters, December 28, 2015、SANA, December 28, 2015、UPI, December 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク