諸外国の動き」カテゴリーアーカイブ

イスラエル軍はダルアー県にあるシリア軍拠点をミサイル攻撃、シリア軍はこれを迎撃(2019年6月12日)

SANA(6月12日付)は、軍情報筋の話として、シリア軍防空部隊がダルアー県ハーッラ丘に対するイスラエル軍のミサイル攻撃を迎撃、ミサイル多数を撃破したと伝えた。 このミサイル攻撃によって物的被害が出たが、死傷者はなかった … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍がイドリブ県、ハマー県への爆撃を続け民間人7人が死亡(2019年6月12日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから43日目となる6月12日も、シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから711人、ヨルダンから632人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月12日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月12日付)を公開し、6月11日に難民1,038人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは711人(うち女性213人、子供36 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

フェイスブックは、故アブドゥルバースィト・サールート氏についての書き込みを利用規約違反とみなし、反体制系サイトのザマーン・ワスルTVなどのアカウントを凍結(2019年6月11日)

反体制系サイトのザマーン・ワスル(6月11日付)は、フェイスブックが、ザマーン・ワスルTV、反体制活動家のマーヒル・シャラフッディーン氏、マーズィン・ナートゥール氏、在仏シリア人フォーラムなど多数のアカウントを凍結したと … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米財務省は、国連職員らが住居として利用する首都ダマスカスのフォーシーズン・ホテルやその経営者らを新たな制裁対象に追加(2019年6月11日)

米財務省外国資産管理室(OFAC)は、シリア政府とつながりがあるとされるビジネスマンのサーミル・ファウズ氏と兄弟のアーミル・ファウズ氏、フサイン・ファウズ氏、ファワズ家が経営するアマーン・ホールティングス社、ラナー・チャ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

トルコとその支援を受ける反体制派は北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市を砲撃、住民1人が死亡、3人が負傷(2019年6月11日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市を砲撃、市内に砲弾7発以上が着弾、少なくとも3人が負傷した。 ANHA(6 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

「突破の戦い」と銘打って反転攻勢を続けるシリアのアル=カーイダはイドリブ県、ハマー県、ラタキア県で戦果を上げる一方、シリア・ロシア軍も同地への爆撃を続行(2019年6月11日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから42日目となる6月11日も、シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから354人、ヨルダンから632人の難民が帰国、避難民36人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年6月11日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月11日付)を公開し、6月10日に難民986人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは354人(うち女性107人、子供180人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

フェイスブックは「革命のサヨナキドリ」こと故アブドゥルバースィト・サールート氏についての書き込みを規約違反とみなし削除を要請(2019年6月10日)

アラビー・ジャディード(6月10日付)は、フェイスブックが、8日に戦死したアブドゥルバースィト・サールート氏についての書き込みを削除するよう一部の利用者に通達していると伝えた。 同サイトによると、フェイスブック利用者の多 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アフリーン解放軍団はトルコ占領下のアレッポ県北部での特殊作戦で反体制武装集団戦闘員7人を殺害したと発表(2019年6月10日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、トルコの占領下にあるアフリーン市一帯およびアアザーズ市一帯での一連の特殊作戦で反体制武装集団戦闘員7人を殺害、10人を負傷させたと発表した。 特殊作戦は8日および9日にアア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はシリア国旗を掲げたダイル・ザウル県の2カ村を攻撃、米主導の有志連合はこれを航空支援(2019年6月10日)

ダイル・ザウル県では、SANA(6月10日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、米主導の有志連合の航空支援を受けて、アブー・ナイタル村、ナムリーヤ村に突入し、住民に暴行を加えた。 突入は、両村の住民がシ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍がシャーム解放機構の支配下にあるイドリブ県、ハマー県各所を爆撃し、民間人25人が死亡(2019年6月10日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから41日目となる6月10日も、シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア合同連携センターとシリア国外難民帰還帰還調整委員会が合同会合を実施し、難民、避難民の帰還状況の進捗について報告(2019年6月10日)

ロシア合同連携センターとシリア国外難民帰還調整委員会の合同会合が、ロシアの首都モスクワとシリア各地をテレビ会議システムで結んで開催され、難民、避難民の帰還状況の進捗についての報告が行われた。 会議には、ファイサル・ミクダ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから379人、ヨルダンから642人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月10日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月10日付)を公開し、6月9日に難民1,021人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは379人(うち女性114人、子供194 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるアレッポ県タッル・リフアト市一帯をトルコとその支援を受ける反体制派が砲撃、YPGの反撃でトルコ軍兵士1人が死亡(2019年6月9日)

アレッポ県では、ANHA(6月9日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のマーリキーヤ村、シャワーリガ村を砲撃した。 これに対して … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア両軍はイドリブ県、ハマー県での戦闘地域に激しい爆撃を行う(2019年6月9日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから40日目となる6月9日も、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから341人、ヨルダンから543人の難民が帰国、避難民4人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年6月9日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月9日付)を公開し、6月8日に難民884人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは341人(うち女性103人、子供174人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

フランスとオランダは北・東シリア自治局が保護していたダーイシュ戦闘員の子供14人の身柄を受け取る(2019年6月8日)

フランスとオランダの外務省高官からなる合同使節団が、ラッカ県アイン・イーサー市にある北・東シリア自治局渉外関係局(外務省に相当)を訪問し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍によって拘束・保護されたフランス国籍のダーイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ハマース幹部はシリア・メディア筋による非難に「シリア政府との関係は修復しない」と反論(2019年6月8日)

ハマースの西岸地区司令官を務めるナーイフ・ルジューブ氏は、7日のシリアのメディア筋による批判に対して、「シリア政府との関係は修復しないだろう。メディアで報じられていることは根拠のない言葉に過ぎない」と反論した。 ハリージ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県、ハマー県ではシャーム解放機構などからなる反体制派とシリア軍が激しく交戦、民間人4人を含む121人が死亡(2019年6月8日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから39日目となる6月8日も、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする