諸外国の動き」カテゴリーアーカイブ

米主導の有志連合所属と思われる戦闘機のダイル・ザウル県、ハサカ県での空爆で、住民6人が死亡(2017年5月22日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、所属不明の戦闘機(有志連合と思われる)が、マヤーディーン市内の市街地を3度空爆し、子供2人が死亡、13人が負傷した。 ** ハサカ県では、シリア人権監視団によると、米主導の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米軍地上部隊の支援を受ける革命特殊任務軍は、ヒムス県南東部の砂漠地帯に進軍する「ハマード浄化のため我々は馬具を備えし」作戦司令室所属組織を支援(2017年5月22日)

ヒムス県では、スマート・ニュース(5月22日付)が革命特殊任務軍のバッラー・ファーリス広報局長の話として伝えたところによると、米軍地上部隊の支援を受ける革命特殊任務軍が、「ハマード浄化のため我々は馬具を備えし」作戦司令室 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主導のシリア民主軍はラッカ市西部のバアス・ダムに向けて進軍を続ける(2017年5月22日)

ラッカ県では、ARA News(5月22日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍がラッカ市一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続け、同市西部の西サルハビーヤ村、東サルハビーヤ村を制 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年5月22日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月22日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は5月19日~21日の3日間でラッカ県、イラク国境地帯を重点的に空爆(2017年5月22日)

有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、5月19日~21日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 5月19日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し8回の空爆を実施、このうちシ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

「シリア国民軍」を名乗る武装集団はバーブ市近郊でシリア軍兵士3人を捕捉(2017年5月21日)

アレッポ県では、アナトリア通信(5月21日付)によると、「シリア国民軍」を名乗る武装集団がバーブ市郊外のアミーヤ村近くでシリア軍兵士3人を捕捉した。 AFP, May 21, 2017、Anadolu Ajansı, M … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは12件の停戦違反を、トルコ側は6件の違反を確認(2017年5月21日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月21日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を12件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア南部砂漠地帯でのシリア軍と米軍の緊張を受け、ロシア軍一個大隊がスワイダー県に進駐(2017年5月20日)

スワイダー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月22日付)が、シリア軍および親政権武装勢力のダマスカス郊外県南部、ヒムス県南東部、スワイダー県東部の砂漠地帯への進軍と、「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室、革 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

タンフ国境通行所に向けて進軍するシリア軍・親政権武装勢力と革命特殊任務軍の戦闘に米軍、ヨルダン軍も参加(2017年5月20日)

スマート・ニュース(5月22日付)は、革命特殊任務軍が20日、ヒムス県のタンフ国境通行所の北西約27キロの地点に位置するザルカー地区一帯に進軍したシリア軍および親政権武装勢力と交戦、戦闘には米軍とヨルダン軍も参加したと伝 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合の空爆にもかかわらず親政権武装勢力とシリア軍はヒムス県南東部の米英の軍事拠点タンフ国境通行所に向けて進軍を続ける(2017年5月20日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(5月20日付)によると、親政権民兵組織が、県南東部の砂漠地帯に位置するザルカ地区に進軍し、同地を掌握した。 ザルカ地区は、ダマスカス県とイラクの首都バグダードを結ぶ幹線道路沿いに位置 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年5月20日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月20日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を11件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

マティス米国防長官「我々はシリア内戦における役割を拡げるつもりはないが、米軍以外の部隊も参加する我々の部隊を守る」(2017年5月19日)

ジェームズ・マティス米国防長官は、米主導の有志連合がヒムス県タンフ国境通行所近郊でのシリア軍、ヒズブッラーの車列に対して行ったとされる威嚇空爆に関して、「我々はシリア内戦における自分たちの役割を拡げるつもりはない。だが、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする