日別アーカイブ: 2019年9月13日

トルコのエルドアン大統領はシリア領内のトルコ軍監視所の処遇をめぐってシリア政府と連絡を取り合っていることを認める(2019年9月13日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はロイター(9月14日付)のインタビューに応じ、そのなかでイドリブ県を中心とする緊張緩和地帯第1ゾーンに設置されているトルコ軍監視所の処遇をめぐって、シリアのアサド政権と連 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣「シリアでの戦争は実質的に終わった」(2019年9月13日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は日刊紙『トルード』(9月13日付)のインタビューのなかで「シリアでの戦争は実質的に終わった」と述べた。 ラヴロフ外務大臣は「この国(シリア)は少しずつ平和な通常の生活を取り戻しつつある … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構は組織内改革に着手、綱紀粛正をめざす(2019年9月13日)

イドリブ県を中心とする緊張緩和地帯第1ゾーンのほぼ全域の軍事・治安権限を握るシャーム解放機構は声明を出し、組織改革の一環として「最高検閲委員会」を設置すると発表した。 委員会設置は、幹部の1人で最近になって司令官職を解か … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

政府支配下のダルアー県でアサド政権打倒を呼びかける落書き、アル=カーイダ支配下のイドリブ県では体制打倒とロシア撤退を求めるデモ(2019年9月13日)

ダルアー県では、HFL(9月13日付)によると、フラーク市でアサド政権の打倒を呼びかける落書きが新たに発見された。 フラーク市内の墓地の壁には、「愚かなバッシャールは倒れる」などと書かれている。 ** シリアのアル=カー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコの占領下にあるアフリーン市(アレッポ県)で自爆テロが発生し13人が死傷(2019年9月13日)

アレッポ県では、ANHA(9月13日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市中心のラージュー町に至る街道で、男性1人が車に爆弾を積んで自爆し、住民13人が死傷した。 ドゥラル・シャーミーヤ(9月13日付)によると、 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

ラッカ県、ハサカ県で、YPG主体のシリア民主軍による若者の拘束・連行続く(2019年9月13日)

ラッカ県では、SANA(9月13日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のパトロール部隊が、タッル・アブヤド市内で強制捜査を行い、若者3人を拘束、連行した。 また、アイン・イーサー市でも重火器を装備した別の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県でシリア・ロシア軍の爆撃は確認されず。シリア軍はトルコ軍監視所一帯を砲撃(2019年9月13日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が一方的停戦を宣言してから13日目(爆撃を激化させてか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから486人、ヨルダンから1,008人の難民が帰国、避難民3人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年9月13日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(9月13日付)を公開し、9月12日に難民1,494人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは486人(うち女性146人、子供24 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする