YPG主体のシリア民主軍はユーフラテス河畔(ラッカ県タブカ市北部、アレッポ県ティシュリーン・ダム)でダーイシュと交戦し、支配地域を拡大(2016年5月31日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、「北ラッカ解放作戦」実施中のシリア民主軍(西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導)がタブカ市北方でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、米軍主導の有志連合がこれを空爆で支援した。

『ハヤート』(6月1日付)によると、シリア民主軍は「北ラッカ解放作戦」開始以降の1週間でタブカ市一帯の23カ村・農場を制圧したという。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ユーフラテス川西部に面するティシュリーン・ダム一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦、2カ村を新たに制圧した。

これに対して、『ハヤート』(6月1日付)によると、ダーイシュの拠点都市であるマンビジュ市では、住民多数が逮捕され、そのなかにはクルド人100人あまりが含まれていたという。

一方、ARA News(5月31日付)によると、有志連合と思われる戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市にビラを空中散布した。

散布されたビラは、「ダーイシュ・アレッポ州」のロゴが入り、アブー・バクル・スィッディーク大隊の押印がなされた模造の「退去許可証」で、住民に対して退避を求め、空爆実施を予告した。

AFP, May 31, 2016、AP, May 31, 2016、ARA News, May 31, 2016、Champress, May 31, 2016、al-Hayat, June 1, 2016、Iraqi News, May 31, 2016、Kull-na Shuraka’, May 31, 2016、al-Mada Press, May 31, 2016、Naharnet, May 31, 2016、NNA, May 31, 2016、Reuters, May 31, 2016、SANA, May 31, 2016、UPI, May 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク