米軍主導の有志連合はアレッポ市北西部でダーイシュの包囲を受ける「穏健な反体制派」(ハワール・キッリス作戦司令室)に「支援物資」を空中投下(2016年6月3日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米軍主導の有志連合が、ダーイシュ(イスラーム国)の包囲に曝されている県北西部トルコ国境近くの「穏健な反体制派」の戦略拠点マーリア市に武器弾薬を空中投下した。

空中投下されたのは、中火器、小火器、対戦車ミサイルなどだという。

有志連合が西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊および同部隊主導のシリア民主軍以外に武器弾薬を空中投下するのはこれが初めて。

これに関して、米国防総省報道官は、有志連合が支援物資を投下したことを認めつつ、投下した装備のなかには、軽火器、対戦車ミサイルは含まれていないと述べ、武器供与を否定した。

AFP, June 3, 2016、AP, June 3, 2016、ARA News, June 3, 2016、Champress, June 3, 2016、al-Hayat, June 4, 2016、Iraqi News, June 3, 2016、Kull-na Shuraka’, June 3, 2016、al-Mada Press, June 3, 2016、Naharnet, June 3, 2016、NNA, June 3, 2016、Reuters, June 3, 2016、SANA, June 3, 2016、UPI, June 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク