イドリブ県のファトフ軍は、住民へのシリア・ロシア両軍の爆撃を回避するためすべての軍事拠点、兵舎の撤収を決定(2016年6月3日)

ファトフ軍の広報委員会は声明を出し、イドリブ市におけるすべての軍事拠点、兵舎の撤収を決定したと発表した。

撤収は、イドリブ市住民に対するシリア軍、ロシア軍の体系的な空爆を回避することが目的だという。

Kull-na Shuraka', June 3, 2016

Kull-na Shuraka’, June 3, 2016

AFP, June 3, 2016、AP, June 3, 2016、ARA News, June 3, 2016、Champress, June 3, 2016、al-Hayat, June 4, 2016、Iraqi News, June 3, 2016、Kull-na Shuraka’, June 3, 2016、al-Mada Press, June 3, 2016、Naharnet, June 3, 2016、NNA, June 3, 2016、Reuters, June 3, 2016、SANA, June 3, 2016、UPI, June 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク