シリア軍はイドリブ県ラターミナ町を塩素ガスで攻撃、ロシア軍はカフルズィーター市のホワイト・ヘルメット拠点を破壊(2017年4月29日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がカフルズィーター市、ラターミナ町、ラハーヤー村、マアルカバ村、ラトミーン村を30回以上にわたり空爆した。

このうち、ラターミナ町に投下された「樽爆弾」からは、爆発直後に「異臭」がしたほか、カフルズィーター市での空爆ではホワイト・ヘルメットの拠点が標的となったという。

これに関して、クッルナー・シュラカー(4月29日付)は、ラターミナ町が塩素ガスを装填した爆弾で攻撃され、またロシア軍がカフルズィーター市を空爆したと伝えた。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がタマーニア町を空爆した。

一方、イドリブ県では、シャーム解放機構に近いイバー通信(4月29日付)によると、シャーム解放機構がイドリブ市でシャーム解放機構の幹部シャイフ・サラーフッディーン氏の暗殺に関与したと思われる男性1人をアリーハー市で逮捕した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がカーブーン区各所を空爆、シリア軍と親政権武装勢力がシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)が県北部のクルド山一帯を空爆した。

**

ヒムス県では、SANA(4月29日付)によると、シリア軍がキースィーン村、ブルジュ・カーイー村一帯でシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(4月29日付)によると、シリア軍がダルアー市中心街、ヌアイマ村でシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と交戦した。

一方、クッルナー・シュラカー(4月30日付)によると、西ガーリヤ村とサイダー町を結ぶ街道で、シャバーブ・スンナ師団の車が爆弾の爆発に巻き込まれ、戦闘員2人が死亡した。

AFP, April 29, 2017、AP, April 29, 2017、ARA News, April 29, 2017、Champress, April 29, 2017、al-Hayat, April 30, 2017、Kull-na Shuraka’, April 29, 2017、April 30, 2017、al-Mada Press, April 29, 2017、Naharnet, April 29, 2017、NNA, April 29, 2017、Reuters, April 29, 2017、SANA, April 29, 2017、UPI, April 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク