イスラーム軍はシャーム解放委員会殲滅を表明、ラフマーン軍団などに共闘を呼びかける(2017年4月30日)

イスラーム軍は、ダマスカス郊外県東グータ地方でシャーム解放委員会と共闘しているラフマーン軍団に向けて声明を出し、「我々は東グータでヌスラ戦線(シャーム解放委員会)を解体する決意を固めた」としたうえで、シャーム解放委員会を「外来思想」と非難、「イスラーム軍とラフマーン軍団の意見の相違がどれほどのものであろうと…、我々はあなた方からの支援を欲している」と和解を呼びかけた。

イスラーム軍はサウジアラビアの支援を受けている。

Kull-na Shuraka’, April 30, 2017

**

これに先立ち、イスラーム軍のヤースィル・ドアルワーン政治局長は29日、ダマスカス郊外県東グータ地方でのシャーム解放委員会、シャーム軍団との戦闘に関して音声声明(https://youtu.be/K2bHCzG5wu4)を出し、同地で活動するラフマーン軍団、ウンマの曉旅団、シャーム自由人イスラーム運動に対し、シャーム解放委員会を排除するための共闘を呼びかけた。

ダルワーン政治局長は「今日、グータ地方は「外来思想」から解放されつつある。すべての武装勢力の同胞たちよ、我々と手をとりあって、グータの民のためのこの機会を活かそう。この「外来思想」を排除しよう」と呼びかけた。

Youtube, April 29, 2017


AFP, April 30, 2017、AP, April 30, 2017、ARA News, April 30, 2017、Champress, April 30, 2017、al-Hayat, May 1, 2017、Kull-na Shuraka’, April 30, 2017、al-Mada Press, April 30, 2017、Naharnet, April 30, 2017、NNA, April 30, 2017、Reuters, April 30, 2017、SANA, April 30, 2017、UPI, April 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク