YPG主体のシリア民主軍はラッカ市の70%をダーイシュから解放(2017年9月17日)

ラッカ県では、『ハヤート』(9月18日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ラッカ市中心に位置するムワーサー病院を制圧した。

また「ユーフラテスの怒り」作戦司令部のジーハーン・シャイフ・アフマド報道官によると、シリア民主軍はアミーン地区、ハニー地区、ナフダ地区、ラウダ地区でダーイシュと交戦した。

シリア人権監視団によると、これにより、シリア民主軍はラッカ市の70%以上を解放、同地で抵抗を続けるダーイシュ戦闘員は300~400人しかいないという。

**

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会は、ラッカ市でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘で戦死(8月29日)したアドナーン・アブー・アムジャド氏の後任として、ムハンマド・アブー・アーディル氏を総司令官に任命した。

ANHA, September 17, 2017

**

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(9月17日付)によると、ダイル・ザウル軍事評議会が主導するシリア民主軍(西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体)内に設置された「ユーフラテスの嵐」作戦司令室は声明を出し、ユーフラテス川東岸でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、2つの町、14の村農場を制圧したと発表した。

AFP, September 17, 2017、ANHA, September 17, 2017、AP, September 17, 2017、ARA News, September 17, 2017、Champress, September 17, 2017、al-Hayat, September 18, 2017、Kull-na Shuraka’, September 17, 2017、al-Mada Press, September 17, 2017、Naharnet, September 17, 2017、NNA, September 17, 2017、Reuters, September 17, 2017、SANA, September 17, 2017、UPI, September 17, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク