カーミシュリー市のレストラン街でオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、子供1人が死亡(2017年9月18日)

ハサカ県では、SANA(9月18日付)によると、カーミシュリー市のスィヤーヒー通りのレストラン街近くで、オートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、子供1人が死亡、住民多数が負傷した。

SANA, September 18, 2017

これに関して、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュは「バアス体制の民兵、ないしはいわゆる国防隊が爆弾を仕掛けた」可能性があると発表した。
<
だが、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(9月18日付)は、ダーイシュ戦闘員が自爆し、PKK(クルディスタン労働者党)の装備を破壊したと発表した。

**

ダマスカス県では、SANA(9月18日付)によると、ドゥワイラア地区に反体制武装組織が撃った迫撃砲弾2発が着弾し、1人が死亡、7人が負傷した。

**

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(9月18日付)によると、アレッポ市北部のアルド・マッラーフ地区でシリア軍の武器弾薬庫が爆発し、複数人が死傷した。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(9月18日付)によると、シリア軍がアイン・タルマー村一帯を砲撃、同地でラフマーン軍団と交戦した。

シリア軍はまた、サクバー市、カフルバトナー町、ドゥーマー市を砲撃し、子供1人が死亡した。

AFP, September 18, 2017、ANHA, September 18, 2017、AP, September 18, 2017、ARA News, September 18, 2017、Champress, September 18, 2017、al-Hayat, September 19, 2017、Kull-na Shuraka’, September 18, 2017、September 19, 2017、al-Mada Press, September 18, 2017、Naharnet, September 18, 2017、NNA, September 18, 2017、Reuters, September 18, 2017、SANA, September 18, 2017、UPI, September 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク